« トッパーズプロジェクト、新世代組み込み向けOSを公開 | トップページ | ジュリスト【特集】ユビキタス社会と法 »

2008年7月13日 (日)

毎日新聞「時代の風」

http://para-site.net/up/data/20635.png
毎日新聞「時代の風」 7/13(日) 坂村健 東京大教授

(画像最大化するとはっきり読めます)

|

« トッパーズプロジェクト、新世代組み込み向けOSを公開 | トップページ | ジュリスト【特集】ユビキタス社会と法 »

コメント

村上 健教授の著作権法に覧る成長の障壁を読みました。日本初のインターネット技術が国の法律の壁で成長しなかったことに触れていました。私は村上教授の作ったTronとJsutSystemのATOkを考えました。いずれも外国に負けない技術です。特に日本語ワープロは、日本の企業の物を残す障壁を作っても守るべきと考えます。Wordで日本語変換システムを作っているのは、日本人と思います。しかし所詮外国の企業です。

投稿: 紺谷 仁 | 2009年3月22日 (日) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞「時代の風」:

« トッパーズプロジェクト、新世代組み込み向けOSを公開 | トップページ | ジュリスト【特集】ユビキタス社会と法 »