« 経済のトリセツ | トップページ | コロナと「米穀通帳」 »

2021/07/25

絵がふつうに上手くなる本

https://www.sbcr.jp/product/4815601799/

絵がふつうに上手くなる本

グリッド模写って鳥山明もアラレちゃんの単行本で勧めていたような。

基本中の基本だよな。右脳で描けでも同じこと言ってるし。デッサングリッドってそもそもそういうもんだし。

グリッド模写一回やって難しかったから初心者向けじゃないとか、これだけでは初心者は上手くならないっていうのはねえ。

まずはここからっていうところをちゃんと示しているじゃないの。

 

これで、何が見えるかの解像度が上がるから、それをとっかかりにして1日2時間継続して時間を忘れて楽しく毎日絵を描くとうまくなるという当たり前のことが書いてある。

本読んだだけでうまくはならんだろう。上手くなる特はあるときグッとうまくなる。なんでもそうだ。

プロなら1日6時間ぐらい絵を描くだろう、仕事なんだから。もっともだ。

 

絵のテーマはマインドマッピング(みたいな方法)で決めてくといいぜ。実際に作業する前に簡単な構造化は有効だ。

シナリオ書くときだって有効だ。

もちろん事務仕事でもブレインマッピングはとっかかり作るのに便利なことがある。これもいい話だ。

 

あとは、フリーランスのプロになるには、なったらどうするか、というのは読んでおいて損はないと思う。

毎日やらんかったら上達はないのよ。

 

という口だけの私。当然、絵は上手くならない。当たり前だ。

|

« 経済のトリセツ | トップページ | コロナと「米穀通帳」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経済のトリセツ | トップページ | コロナと「米穀通帳」 »