« NTTデータが政府系クラウドに本腰 | トップページ | レナウンが民事再生法 »

2020/05/14

イノベーション・マネジメントシステムに関する国際規格(ISO56002)

https://www.meti.go.jp/press/2019/10/20191004003/20191004003.html

日本企業における価値創造マネジメントに関する行動指針を策定しました

イノベーションのやり方を標準化する、ってのがちょっと違和感あるな。

とはいいつつ、やることは大して変わらんし、まあいいか。

また欧州初のISOで監査で稼ぐビジネスモデル?イノベーションが起きてるか年一で監査するんだろうか?

 

まあでも、マネしにくいアメリケンのシリコンバレーばっかりというよりはいいのかもしれん。

さて、どうなるんですかね。

 

https://eiicon.net/articles/953

個人技でのイノベーションは時代遅れに。イノベーションマネジメントの標準化が進む世界の最新動向についてJIN・西口氏が語る。

私は、これを作った理由を聞きましたが、回答はとてもシンプルなものでした。

「EUは、シリコンバレーではない」と。ヨーロッパ人は失敗すると、格好悪いし恥ずかしいので、できれば失敗せずに事業をやりたいんだと。

そのときにシリコンバレーの真似をしろと言われても、ヨーロッパ人は基本的にできませんと。

――だから、ある種の「型」が必要だったので、EUでこれを作ったと極めて明快な回答でした。

私は、それを聞いたときに、これはかなり日本にも当てはまる話だなと思ったのです。

 

 

|

« NTTデータが政府系クラウドに本腰 | トップページ | レナウンが民事再生法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NTTデータが政府系クラウドに本腰 | トップページ | レナウンが民事再生法 »