« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020/04/25

ヘリコプターマネーとMMT

2016年ぐらいに、話題になった気がする。ヘリマネ。地味にやってたような気もするけど。

今回のが規模的に小さいか大きいかというと……どうなのかな?

あとはいよいよベーシックインカムぐらいか。

BIとセットでやんなきゃいけないガッツリとした税制の整理は、多分できないから意味なかったりするよナ。

春の里山に生えてくる山菜は、きっとベーシックインカム。

もらったたけのこご飯でも食べて寝よう。

| | コメント (0)

2020/04/11

7月からのテレビ

今日のアニソンアカデミーとラジオマンジャックの合わせて4時間まるまる再放送とか。

内容って意外と覚えてるもんだな。

しかし、NHK-FMでさえこの状態で。民放ラジオも東京在住のパーソナリティはテレワーク出演とか。

テレビの収録とかアニメの遅れとかオリンピックに取っておいたテレビ枠の空きはどうなるんですかね。

普通に考えると再放送とか、ニュースとか、映画とか、無限の犬猫動画ですかね。テレビ見るかどうかは別にして。

若おかみは小学生! はNHK総合で昼間にやってくれないかなあ。テレ東はテレ東でやるとしても。

そんで、小学生高学年の娘にうっかり付き合って前情報が何にもなくしぶしぶ見ていた在宅勤務40代の父親がどうなるかを見てみたいなあ。

 

これで、新番組後ろにズルズルずれて行くとして、スポンサーがどんどんなくなって、プロダクション減って、マスコミが機能しなくなったとしたら?

新聞とテレビはどこからなくなるかなあ。

 

8割の物忌みで何とかなるといいけど(平安時代か!)その後は日本の伝統芸で遷都とかするんじゃね?どこがいいかなあ。

あるいはデジタルツイン的な感じで遷都かも。

 

なんでも無形資産、サービス化(XaaS)の世の中なんだし。サービスとは何か?って考えなおしてさあ。

昔IBMっていうかPwCがやってたサービスサイエンスとか真面目にやり直した方がいいんじゃね?

 

https://mba.globis.ac.jp/about_mba/glossary/detail-11809.html

サービス・マーケティングとは、サービス業や製品の付随機能としてのサービスに関するマーケティングサービスならではの特性を踏まえてマーケティングを展開する。

サービスの持つ、通常の有形製品と異なる特性として、

・形がない(無形性:intangibility)

・生産と消費が同時に発生する(同時性あるいは不可分性:simultaneity・inseparability)

・品質を標準化することが難しい(異質性:heterogeneity)

・保存ができない(消滅性:perishability)といった特性がある。

例えば、ヘアサロンのセットという技術提供には形がないし(無形性)、店側がサービスを提供(サービスの生産)するのと顧客がヘアセットしてもらう(サービスの消費)は同時であり、やり直しはできない(不可分性)。顧客ごとでセットの要望は異なり、品質を標準化することは難しい(異質性)。そして、顧客の来店がなければ、美容師がサービスを前もって作り保管しておくということはできない(消滅性)。

 

#たまたま、ちょうどよさげ内容がグロービスのものだっただけで、他意は無いです。

#他のまともそうなのがほぼPDFばっかりだったので探すのが面倒くさくなって……。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »