« LGWANからの卒業 | トップページ | トヨタとNTTが資本業務提携 スマートシティーで協業、世界へ展開 »

2020/03/20

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史

https://www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/book/20/277410/

みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史

史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」

 

なんか、読まないといけないような気がして読んだ。俺ガイルのアンソロジーは意外と面白かった(関係ない)。

間接金融投資が社会の主流じゃなくなって、システム投資余力がなくなり、人もカネも判断リソースも別方向に投入された。

あるいは投入されることなく10年無駄にして、ようやく目が覚めた。そういうものだ。他人事ではない。

 

しかし、間接金融投資がビジネスモデルとして主流になることがあるのだろうか?

フィンテックや金融APIをオープンにとか、すでに手遅れなのではないか。

日経コンピュータの記事を要領よくまとめてあり、大変読みやすい。

 

しかし、金融ビジネスの今後については、さほど記述があるわけではない。

人が育って意識が変わったのはわかったのだが、そこが物足りなかった。

みずほとは特に付き合いないので、実生活では困らなかったから、どうでもいいんだけど。

|

« LGWANからの卒業 | トップページ | トヨタとNTTが資本業務提携 スマートシティーで協業、世界へ展開 »

コメント

現場ではATMが止まらなかったから、今回のはあんまり実害はなかったらしい。

困難で電子日銀券発行できるのかしら?

投稿: halftable | 2021/09/01 22:23

https://ja.kohsuke.org/software/mizuho-outage/
みずほ銀行システム障害に学ぶ


こないだのココアも大概だったけど、これはたぶん読めない。
でもデジタル庁ならきっと大丈夫。

投稿: halftable | 2021/06/17 22:11

現在でもとくにみずほと付き合いないので特に困ってはいない。

投稿: halftable | 2021/03/02 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LGWANからの卒業 | トップページ | トヨタとNTTが資本業務提携 スマートシティーで協業、世界へ展開 »