« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020/01/26

クレイトン・クリステンセン

イノベーションのジレンマの邦訳が出たのが2000年とちょうど20年前ほどか。

俺が読んだのが21世紀になってからだから、数年たってたわけだけど、既に古典の雰囲気あったな。

なるほど、評判良いわけだし、なかなか色々説明できそうな気がした。

BTRONをインストールするためにはパソコンのハードについては今より知識が必要な時代だったこともあり、ハードディスクの規格変遷についてはスルスル読めたので、パソコン雑誌のコラムみたいに読めたのは大きかったな。

複雑系ブームとあわせて色々こじらせたもんだったな。

その後、マイクロソフト内部ではバイブルの様に読まれたとか色々あったみたいだけど。

エリック・リースのリーン・スタートアップにも多大な影響があっただろう。

 

2,3年前、日本でもディスラプションという横文字は多少流行ったのかなあ。

クリステンセンとセットで語られてなかった気がするけどなあ。それほど周知の話でもなかった気がするんだけども。

創造的破壊ってあまりに肯定的な訳語も正直どうかとは思うし、必ずしも創造的でない事象も多そうだとは思う。

 

それでも、ITで小が大をひっくり返すみたいな希望はちょっと持てた気がする。今現在どうなってるかはともかくとして。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2020/01/24

ゲームは一日一時間

ゲームには依存症をもたらす可能性がある。ギャンブルにも似ている。

バーチャルリアリティーにも中毒性がある。ゴーグルかけて世界に没頭すると帰ってこれなさそう。

ゲームは抽象的概念の世界だ。抽象だけに偏ることは精神のバランスを損なう可能性もある。

 

特に幼少期に抽象概念に没頭させるのは危険性が高い。

幼少期に抽象やバーチャルリアリティーを排除する教育と言えば、モンテッソーリ教育とかシュタイナー教育が挙げられるだろうか。

 

ゲーム漬けの人生を避けるには幼児期にそうした教育機会を積極的に与えることが大切かもしれない。

 

ボードゲームでも将棋とか碁ならいいんじゃないのかな?たぶん。

将棋や碁なら単なるアドバイスおじさんではないプロの師匠がゲームマスターとしていたりするのが、歴史の教訓なんじゃないかな。

昔は坊さんの仕事だったとも聞くし。

| | コメント (0)

2020/01/07

トヨタがTRON電脳都市を建設するらしい

https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31170943.html

トヨタ、「コネクティッド・シティ」プロジェクトをCESで発表

トヨタがTRON電脳都市を建設するらしい。もうスーパーシティとか絶対いらないんじゃね?

という風に読んだ。PAPI以降はTOYOTAと坂村先生となんか関係あるのかな?

裾野市からあれだけの工場が消えてなくなるのに、あまり大騒ぎにならなかったのは、この計画があったからだとは聞いていたけども。

とりま、用途制限が工場地域だから、人が住めるように用途変更して、工場終了して、更地にして、工事に着手……完成が5年後?ぐらい?中国の方がパクって先に作っちゃわない?

これで、自社敷地で自社社員を使って人体実験のし放題だぜ、ヒャッハー。近所にインターチェンジもあってトヨタ本社からも接続良いしな。

公用語は英語で一国二制度だぜー。外交官特権も通じないぜ。映画のロケもし放題だぜ。なんでこれ特区じゃないの?これから特区にするのかしらん?

まあ、モリカケやスーパーシティで特区は懲りただろうしなあ。特区でやろうとしたけど諦めた?

スーパーマーケットはFEELが入るのかなあ。キャッシュレスはクイックペイで。

 

設計が、坂村先生じゃなくて、デンマークのビャルケ・インゲルスって人なのね、ふーん。グーグル本社とかで有名な人みたい。

https://www.ssense.com/ja-jp/editorial/culture-ja/from-google-to-mars-with-bjarke-ingels?lang=ja

ビャルケ・インゲルスの火星移住計画

メタボリズムとかトリトン・シティとかバックミンスター・フラーっぽい。

コールハースのお弟子さん?なの?そういえば、そんな本あったな。

http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2011/10/why_metabolism_now.html

レム・コールハース × 南條史生 今、なぜ〈メタボリズム〉なのか?



というか、リアル版の魔法科高校の劣等生?って感じがする。とある科学の学園都市?ブラジリアの再来?アップル本社?トロントのグーグル?70年大阪万博の焼き直し?そういえば坂村先生の原点のひとつは大阪万博だったような。面積は大阪万博の倍くらいだから、そんなに無茶苦茶大きいわけじゃないな……。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57926

注目の次世代技術「デジタルツイン」で都市が丸々バーチャル化する日

デジタルツインって言うんですね。初めて聞きました。

 

中国に先を越されないと良いですね。完成する頃には、概ね私は現役じゃないから、生温かく見つめていたい。

 



レム・コールハース × 南條史生

今、なぜ〈メタボリズム〉なのか?

| | コメント (0)

2020/01/05

SHIROBAKO

年始にBSで2クール一気放送というのに、うっかり付き合ってしまいました。

途中で緊急地震速報とかあってビビる。

横手美智子シリーズ構成で試合展開はバッチリなところに、吉田玲子の脚本が強烈に心を折りに来るという展開。

んー、これでもファンタジー展開なのかと思うと、なかなか辛い。なんでもそういうもんかもしれんけど。

作画はさすがのP.A.Worksなのでガッチリしてる。でも俺ガイルから入ったから、ぽんかん8デザインはちょっと違和感感じたり。

業界武勇伝とか元ネタはわかったりわからなかったり。

映画にちょっと興味出てきたかも。

 

| | コメント (0)

2020/01/02

明けましておめでとうございます

本年もたわいもないことぐらいしか書けませんが、ひとつご寛容のほどよろしくお願いいたします。

新年のBS-NHKでオードリー・ヘプバーンの昼下がりの情事を朝からやっていて、こんなにチェロケースを利用した犯罪映画を流しているNHKの攻めた姿勢は嫌いじゃないと思いました。なお主人公は最後終身刑になります。

今年は5Gのことがボチボチ実装化されてきて色々愉快なことが良くも悪くも起こるんでしょうけど、TRONはどこに関わってるのか読み解くのとかこじつけるのメンドクサイ。

 

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »