« 自国開発のOSは安全保障なのか? | トップページ | フルバ »

2019/05/24

今のファーウェイは、TRON夜明け前の頃に似てるのかな?

プラグコンパチのメインフレーム(死語)全盛時代にIBMスパイ事件で日立製作所と三菱電機の技術者が逮捕されて……。というのが、坂村先生がTRONをやろうと思ったきっかけだったという話だったような(裏とれよ)。

 

というTRON夜明け前な方に状況が似てる気がする。

アンドロイドOSとARMチップを抑えられて、スマホ事業が二進も三進も行かなくなりそうというのが、どう転ぶのかな?

 

ただ、今回はコンピュータがマツシタ社内的にタブーだった時期が長かったうえに、OSが社会インフラになることの意味が解らない儲け頭の冷蔵庫製造担当の幹部に開発が冷遇される(って話がなかったっけ?裏とれよ)ような時代ではないよな。何気にイノベーションのジレンマですな。

 

BTRONがBTRON2まで、横槍もなくなんとか1994年ぐらいまでに完成して、NTTとIBM大和がベンダーとして営業開始して、TADというTRONのキモがビッグデータというかスケーラビリティを持つまでに至っていたら……。無理かな?μTAD環境下でもデータ検索がメンドクサイ以外は物凄くデータの移動に融通が利く気楽な環境なんだけど、それなりにデータが集まらないとそこが実感できないよな。

AI育成事情となんか似てるな。

 

ファーウェイの夜明けがあるなら、ちょっとどんなものか見てみたいな。独自OSとRISC-V?

 

「木曾路はすべて山の中である」正直、もうスマホの次だよね。5Gは一つの勝負所なんだろうなとは思う。日本のケータイとモトローラとITRONの関係ってどうなってたんだろう。

|

« 自国開発のOSは安全保障なのか? | トップページ | フルバ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自国開発のOSは安全保障なのか? | トップページ | フルバ »