« 劇場版「若おかみは小学生!」 | トップページ | IBM、Notes/Dominoをインド企業に売却へ »

2018/10/11

片山さつき地方創生担当相の「スーパーシティ構想」はTRON電脳都市?

TRON電脳都市ってこんな感じかな?スマートシティとかコンパクトシティ構想がピンとこない状態なのは確かですけど。

これで統一地方選と地方創生のネタにされるのもなあ。圏域行政は地味に検討する必要があったと思うんだけど。同じ東洋大学だから、どこかで関係してるのかしらん?

https://www.sankei.com/column/news/181011/clm1810110006-n1.html
「スーパー・シティ」の実現目指せ 東洋大学教授・竹中平蔵

大きな政策課題として、筆者は人工知能(AI)、ビッグデータなど第4次産業革命の要素を凝縮したような都市空間、いわば「スーパー・シティ」を建設することを提案したい。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101001187&g=pol
AI活用へ規制緩和=片山地方創生相-小池都知事が賛意

片山さつき地方創生担当相は10日、国家戦略特区諮問会議の民間議員らとの意見交換会で、規制緩和により人工知能(AI)などをまちづくりに活用する「スーパーシティ構想」を提案した。
片山氏は記者団に「ビッグデータ、AI、IoT(モノのインターネット)を軸にし、分野横断的な(規制)改革を進めることが非常に重要だ」と強調。
具体的なモデル都市として、中国電子商取引最大手の阿里巴巴(アリババ)集団が本社を置く中国杭州市と米グーグルの親会社がまちづくりを手掛けるカナダ・トロントを挙げた。

|

« 劇場版「若おかみは小学生!」 | トップページ | IBM、Notes/Dominoをインド企業に売却へ »

コメント

委員の一人が坂村先生でした。やっぱりな。

投稿: halftable | 2018/11/02 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/67264034

この記事へのトラックバック一覧です: 片山さつき地方創生担当相の「スーパーシティ構想」はTRON電脳都市?:

« 劇場版「若おかみは小学生!」 | トップページ | IBM、Notes/Dominoをインド企業に売却へ »