« 一太郎をワードに変更して働き方改革? | トップページ | コミック専用電子書籍端末 »

2018/01/31

富士フイルム 米ゼロックスを買収 PARCはどうなるの?

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26374190R30C18A1MM8000/
富士フイルム 米ゼロックスを買収 子会社と統合 事務機世界最大手に

https://www.parc.com/jp/about/

PARCは、創立以来、数々の新技術を開発し、企業と連携しながら、コマーシャルイノベーションを起こしてきました。
例えば、ユビキタスコンピューティング、共同ワークスペース、グラフィカルユーザインターフェース(GUI)、イーサネット、WYSIWYG(ウィジウィグ)ディスプレイ、オブジェクト指向プログラミング、レーザ印刷、MEMS、大面積エレクトロニクス、企業エスノグラフィなどの技術を開発してきました。

複合複写機ビジネスが、価格競争に突っ込みすぎて果てしないトナーで儲けるだけの消耗戦のうえ、紙の消費も順調に減りそうな感じではある。髭が伸びるとブラウンが儲かるの逆であるなあ。

TRON初期にゼロックスのパフォーマンスチャージが課金方法としてソフト利用に適用出来たらなあみたいなことを坂村先生がいってたけど、クラウドのサービスで実現しちゃってるよな。

しかし、BTRONの最大の元ネタであろうSTARとBTRONをクラウドでPARCでマーク・ワイザーで、と思わなくもないが、こないだゼロックスやらかしたばっかりだしな。

ゼロックスの複写機はインターフェイスが良くできていて、ドキュワークスもデフォルトで読み込めて大好きだから無事に乗り越えてほしい。アペオスだって使ってみたいんだ、金さえあれば。

|

« 一太郎をワードに変更して働き方改革? | トップページ | コミック専用電子書籍端末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/66343656

この記事へのトラックバック一覧です: 富士フイルム 米ゼロックスを買収 PARCはどうなるの?:

« 一太郎をワードに変更して働き方改革? | トップページ | コミック専用電子書籍端末 »