« 平成30年もよろしくお願いします | トップページ | 一太郎をワードに変更して働き方改革? »

2018/01/08

機械に忖度を教える深層学習とASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)

https://wirelesswire.jp/2018/01/63000/
深層学習の今のところの限界 何ができて 何ができないか

色々あってASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の関係のビジネス本読んでた。

融通が利かなくって、文脈(コンテキストアウェアネス)が読めなくって、ロジックでイチイチ説明しないと解んない……みたいなことが書いてあったんだけど、IoTとかAIのディープラーニングの問題点みたいなことが書いてあるのかと思った。

PDCAのPの教え方を懇切丁寧にというのも、変な覚え方させると変な覚え方のままでストアドプロシージャをまんま実行するから変になるので、論理的矛盾のない形で上流のディフィニション重視とか、用途にハマれば高スペックとか、文脈の読み方は周りの事例をデータベース化してるとか、何のエキスパートシステムの育て方の解説なのかと。

エキスパートシステムのチューニングしてると思えばいいのかしらん?RPAか。マクロ書くの苦手なんだよなー。

忖度って言葉が流行るのは、AIの融通の利かなさがそろそろ明らかになるからかしらん?パソコンで中途半端に便利になったから、機械に忖度を教えるAPIを作ってくれるといいんじゃないかな。

それが、コンテキストアウェアネスなんだろうけどね。そういう治療法なのかしら。
http://www.tel.co.jp/museum/magazine/communication/160331_report04_03/
コンテキストアウェアネス機能が当たり前の社会に

|

« 平成30年もよろしくお願いします | トップページ | 一太郎をワードに変更して働き方改革? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/66256812

この記事へのトラックバック一覧です: 機械に忖度を教える深層学習とASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群):

« 平成30年もよろしくお願いします | トップページ | 一太郎をワードに変更して働き方改革? »