« KADOKAWA丼(仮)、坂村 健×角川歴彦対談イベントと連動したインスタンス | トップページ | IoTデバイスのセキュアな設計を ARMが業界共通フレームワークを発表 »

2017/09/18

RPA(Robotic Process Automation:ロボティクスプロセスオートメーション)

日経コンピュータを図書館で立ち読みしてたら、また知らない3文字略語が。なんなのRPMって?ロボティクスプロセスオートメーションの略?ふーん。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1707/12/news028.html
今さら聞けない、RPAとAI、botの違い

ルールベースのエキスパートシステムのことなんじゃないのかしら?エクセルのマクロも使えない俺には関係ないかなあ。

まあ、こういうことを標準的なOSの記述システムとして実装しようと考えたのがBTRONの付箋とかお回しとかTACLとかなんだろうけど、また特定アプリとして出てくるからなあ。リレーショナル・データベースの業務スキームのベンダーロックインと何が違うんだろうか。SQLがあるだけまだマシなの?俺、DBのことは最早よくわからんからなあ。

https://thefinance.jp/fintech/170601
RPAとは?業界屈指の導入実績から見えた導入の落し穴と成功の秘訣

なんかー、ベンダーロックインに気をつけろとか、業務スキーム作りこみの中身の属人化に気をつけろとか、ツールばら撒いても役に立たんとか、有象無象のツール勃興期?にありがちな注意点しかないんだけど。勃興してるとしてだけどね。

つうか、そんな業務のワークフローが実行可能なまでのルールベースに落とせるんだったら誰も苦労しなくない?とはいっても、業務スキームがうまく自動化できるテンプレートができたら……?

まあ、ちょっとバズワードとしては覚えておこう。

|

« KADOKAWA丼(仮)、坂村 健×角川歴彦対談イベントと連動したインスタンス | トップページ | IoTデバイスのセキュアな設計を ARMが業界共通フレームワークを発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/65808727

この記事へのトラックバック一覧です: RPA(Robotic Process Automation:ロボティクスプロセスオートメーション):

« KADOKAWA丼(仮)、坂村 健×角川歴彦対談イベントと連動したインスタンス | トップページ | IoTデバイスのセキュアな設計を ARMが業界共通フレームワークを発表 »