« IntelがARMとファウンドリビジネス | トップページ | 君の名は。 »

2016/09/07

飲み忘れを知らせる“IoT錠剤入れ” 大塚製薬とNEC、脳梗塞患者向けに開発へ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/07/news121.html
飲み忘れを知らせる“IoT錠剤入れ” 大塚製薬とNEC、脳梗塞患者向けに開発へ

あー、こういうのってホントに出てくるんだなあ。

体重計据付の風呂とかあるといいんじゃないのか。IoTでタニタあたりがLIXILと体重計付きユニットバスとか作ればいいのに。

ところで、なんで自動車には日差しが強い時に駐車する間、フロントガラスのカーテンが自動的に閉まる機能がつけられないのかIoT。ハンドル熱いんだよIoT。クーラー効くまで時間かかるんだよIoT。百円ショップとかでサンバイザー買っても冬にはどっか行っちゃうし降車するときイチイチ付け直すのめんどくさいだろIoT。頼むよIoT。

|

« IntelがARMとファウンドリビジネス | トップページ | 君の名は。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲み忘れを知らせる“IoT錠剤入れ” 大塚製薬とNEC、脳梗塞患者向けに開発へ:

« IntelがARMとファウンドリビジネス | トップページ | 君の名は。 »