« 経産省、IoT実現へ国主導でOS育成 | トップページ | Microsoftの人工知能Tay、悪い言葉を覚えて休眠中 »

2016/02/26

加算器の時代の法律で21世紀の問題を解決するのか

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/26/news141.html
Microsoftの法律顧問、フロッピーとSurfaceを並べ「法律も変わるべき」と主張

FBIがiPhoneのロック解除要請の拠り所としている「All Writs Act」(全令状法)が成立した1789年がいかに昔かを示すために、古めかしい加算器を提示し、「裁判所が21世紀のテクノロジーの問題を解決するために加算器の時代に制定された法律を持ち出すのが適切だとは思えません」と語った。

まあ、どこの国も法律ってこんなもんじゃね?

大陸法とかアングロサクソンとかたぶん関係ないんだと思うわ。
運用のスピードの違いは、もっと別の要因じゃないかと思うわ。

|

« 経産省、IoT実現へ国主導でOS育成 | トップページ | Microsoftの人工知能Tay、悪い言葉を覚えて休眠中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 加算器の時代の法律で21世紀の問題を解決するのか:

« 経産省、IoT実現へ国主導でOS育成 | トップページ | Microsoftの人工知能Tay、悪い言葉を覚えて休眠中 »