« 建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea” | トップページ | あけましておめでとうございます »

2015/12/27

村上隆の五百羅漢図展

http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20151130/E1448527621686.html
「村上隆の五百羅漢図展」は被災者への鎮魂か、それとも作家個人の魂の救済か

アニメ工房のようなファクトリーでの製作はシルクスクリーンでアンディ・ウォーホルとスキージでリヒター?
膨大な量のアクリルで、研ぎ出しでマチエールと、襖絵っぽいモジュールでのとてもオーソドックスな日本画の工房絵画の現代美術版って感じ。画題も含め。もうちょっと日本の具体あたりなんかとの現代美術とかのつながりとかも評価したれよ。

きっとまともに世界で何が受けるのか勉強した結果なんだろうなー。恐るべき手間暇と超絶技巧で気が遠くなりそう。

東京都現代美術館のとき、日本の美術館で個展やるのヤダって言ってた気がしたけど、色々義理でやったところもあるのかな?

外国の美術館のスタンダード並にほぼ全面撮影可、にしたのも偉いと思う。

こういう評価しづらい規格外のものは、無視するのが日本的なのかしら。まあ、いいんだけどね。

|

« 建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea” | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/62951342

この記事へのトラックバック一覧です: 村上隆の五百羅漢図展:

« 建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea” | トップページ | あけましておめでとうございます »