« 鉄道会社・航空会社・ICT企業・東京大学など30団体、「公共交通オープンデータ協議会」設立 | トップページ | 高田広章教授、AUTOSAR準拠の車載ECU向けOS開発会社「APTJ」を設立 »

2015/09/28

さよなら、インタフェース

http://takoratta.hatenablog.com/entry/2015/09/16/190000
「さよなら、インタフェース -脱「画面」の思考法」

以前、切符の買い方を研究していたが、スイカというかタッチしてピッのインターフェイスが、それまでの券売機をどうやってデザインするかという研究のほぼすべてを無駄にした、みたいな話なんじゃないかな?立ち読みした感じだと。http://www.pitecan.com/articles/KeisanKougaku/
直観的なインタフェースをめざして

http://www.pitecan.com/UnixMagazine/PDF/if9808.pdf
増井俊之 実世界指向インターフェイス って1998年8月にはまとまった文章で出てるんだから。ざらっと20年前かあ……年取った訳だ。TRONは30年以上前なんだけど。

つーことで、RFIDがインターフェイスをダイレクトにするってことで、ドナルド・ノーマンあたりのインビジブルコンピュータとかカームコンピューティングとかユビキタスとかタンジブルコンピューティングとかいうのが、だいぶカジュアルになったような内容だと適当に予想する。

TRONで言うところのコンテクストアウェアネスのことですな、たぶん。読んでないけど。

あるいは、遥か彼方記憶の彼方のリアルワールドコンピューティング……?

現実が俺たちに何をしてくれたって言うんですか。

あー、そんなことよりブルーサーマルの妄想がおさまらないんじゃあ。

|

« 鉄道会社・航空会社・ICT企業・東京大学など30団体、「公共交通オープンデータ協議会」設立 | トップページ | 高田広章教授、AUTOSAR準拠の車載ECU向けOS開発会社「APTJ」を設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/62371843

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、インタフェース:

« 鉄道会社・航空会社・ICT企業・東京大学など30団体、「公共交通オープンデータ協議会」設立 | トップページ | 高田広章教授、AUTOSAR準拠の車載ECU向けOS開発会社「APTJ」を設立 »