« 「25」花澤香菜 | トップページ | プログラミングを5歳から教えるイギリスの公教育 »

2014/08/21

ゼロックスとソニーはなぜアップルになれなかったか

http://book-sp.kodansha.co.jp/topics/jobs/
ということで、超今更のスティーブ・ジョブズを読んでみた。よくもこんな変わった運命の数奇な人生を歩む人がいたもんだなと改めて思った。

総務省の異能ベーションですかあ?和製ゲイツから和製ジョブズ?を探せってことで傾向と主管省庁が変わったのかしら。
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin03_02000087.html

しかし、改めて考えると、なんかDynabookのビジョンにショックを受けて、その時自分の持っているState of ARTで、ジョブズさんなりのダイナブックとそのエコシステムを作るのに30年かけたという風にも読める。

何だかんだ言ったって、NeXTはオブジェクト指向なシステムを搭載してるわけだし。いつまでもGUIだけパクったって言うのもいかがなもんかと。

結局、ひとつのことを30年追求してるのって、日本風なのかもしれず。
最近は、ガラパゴスもまた一周戻って、日本のリッチスタイルという評価も出てきたみたいだし。

さてTRONも30周年記念で、今年の末にはなんか出るのかしら。

「業務実施機関: 株式会社角川アスキー総合研究所」には期待していいのかしら?

|

« 「25」花澤香菜 | トップページ | プログラミングを5歳から教えるイギリスの公教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼロックスとソニーはなぜアップルになれなかったか:

« 「25」花澤香菜 | トップページ | プログラミングを5歳から教えるイギリスの公教育 »