« あけましておめでとうございます | トップページ | VAIO Windows Phone? »

2014/01/04

ミシンと日本の近代--消費者の創出

http://www.msz.co.jp/book/detail/07770.html

元祖MAKERSといえば、俺的にはミシンであり、ミシンこそが元祖3Dプリンター(意味不明)。

戦前からシンガー社というグローバルスタンダードがアメリカからやってきて~というのが、コンピュータがIBMと一緒にやってきて~、雨後の筍でアーキテクチャーを丸パクリの国産メーカーが出来て~、ローンで買ったけど使い方がめんどくさくて埃かぶったり~、利用方法を教える教室が色々できたり~、内職の道具になったり、プロとして独り立ちしたり~、30年も経つと普及しまくって日用品になっちゃってあこがれの欲しいものじゃなくなっちゃったり~、ってパソコンの歴史のパラフレーズか何かを見てるようだったわ。

もっとも、ミシンだけに女性に対しての話に近いということもあるが、普及や利用の実態は各種統計資料を駆使して説得力のある記述となってるのが怖いぐらい。学者ってスゲエ。振り返って、コンピュータはこうした分析が後にできるんかねえ?ビッグデータとか言うだけは言ってるけど。

NHKの朝ドラのカーネーションの歴史書版って、著者本人が前書きで上手いこと言ってるけど、FAB.Labとかの未来は、カーネーションを見れば分かる?

ハイテク版のコシノ姉妹とかDCブランド(死語)が出たり出なかったりするとは思うけど、さて、どんなもんですかね。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | VAIO Windows Phone? »

コメント

メモ。

http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20140306/1394076787

投稿: halftable | 2014/03/06 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/58883638

この記事へのトラックバック一覧です: ミシンと日本の近代--消費者の創出:

« あけましておめでとうございます | トップページ | VAIO Windows Phone? »