« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/31

マステ

一橋ビジネスレビュー  オープン・イノベーションの衝撃

http://www.toyokeizai.net/shop/magazine/hitotsubashi/#mokuji

P.118 [No.099] カモ井加工紙 ユーザーイノベーションの事業化 堀口悟史

ということで、最近流行のマスキングテープ(マステ、mt)の話。ビジネス向けによくまとまってるかな。
しかし、なんでまたカモ井加工紙だけが、あーゆーカラフルでスイーツな雑貨としてのマスキングテープをやろうとしたのかはよくわかんない。

最近は中学生が企業と新製品をコラボで開発なんてのもあるみたいだし、ユーザーがイノベーションを主導する……って「民主化するイノベーションの時代」エリック・フォン・ヒッペルからかれこれ何年経っとるんかと。

3Dプリンタで試作し放題?ものづくり革命 パーソナル・ファブリケーションの夜明けから何年経っとるんかと。

やっと日本も始まってきたのかしらん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/22

超漢字のツイッター

https://twitter.com/chokanji

誰なんや、はるこ先生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows8

店頭で2分ほど触ってみたけど、どうやって使うのか全くわからない……。
ダッシュで逃げてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/21

イチオシ経済本

昨日喫茶店で 経済話になったけど、前提が違い過ぎてそもそも何について話をしたいのかが判らない(^_^;)という事態に遭遇したのでおすすめ本でも。

これが取り敢えずのイチオシ。

世界の99%を貧困にする経済 [単行本]
ジョセフ・E・スティグリッツ (著), 楡井浩一 峯村利哉 (翻訳)


こっちはもうちょっとべらんめえ調(^_^;)
さっさと不況を終わらせろ [単行本(ソフトカバー)]
ポール・クルーグマン (著), 山形 浩生 (解説, 翻訳), Paul Krugman (原著)

三橋貴明とか中野剛志、上念司あたりと言っていることは同じようなものだが、ノーベル経済学賞学者だし、こっちのほうが有難味があると思うので(笑)

もっと簡単なのがいい、という人向けはこっち。
[図解]三橋貴明の「日本経済」の真実がよくわかる本 [単行本(ソフトカバー)]
三橋 貴明 (著)

なんでそんな話になったのかというと、新たに勉強しようと思った場合、普通に目につくところから資料を漁ろうとすると、現在世間の本棚や政権中枢部、経済界などで主流の古典派、新古典派などの経済思想のものに当たる確率が非常に高いので。本屋などでは数量的にほとんど主流派でそれにトンデモ本(ビジネス書が多い)が続くのが普通で、古典派などの理論的欠陥を修正した新理論系のものはわずかしか出回ってないですね。

なんでそうなのか、というと、超簡単に云うと主流派の商売・宗教上の理由(^_^;)で排斥されているから。

まあ超訳すれば、新古典派経済学では生産(供給)を増やすとそれに連れて『必ず』需要が増えるとか、人間は『必ず』経済合理性に基づいて行動するとか、失業者には自発的失業者しか存在しないとかのトンデモ前提が山盛りなのです。まあそうでもしないと美しい理論が紡げないというのが実体経済なのですが。

それをそのまま政策に反映したらダメだろう、と考えるのが普通ですが、実際の世界ではその不条理が『主流派』なんですね(^_^;) まあ途中で間違いに気付いても豹変のできなかった非君子(笑)なのでしょう。信念のある、ブレない人達なんでしょうか(^_^;)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/08

なりすまし

BOTのなりすましが読売の一面だけど、GMAILの成りすましは別に事件性はない?からスルーというか自業自得か。どっちも、刑法的には存在の耐えられない軽さって感じなんでしょうか?

でも、G-Mailのなりすましの件なんか見てしまうと、クラウドにはRFIDの物理的なカードがないとログインできないとかいうサービスが必要かなあという気もしてくる。

あ、物理的カードとID体系はeTRONでお願いします(お約束)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/06

「東京大学大学院情報学環 学術研究棟」の寄贈について

http://www.daiwahouse.co.jp/release/20121002195709.html
「東京大学大学院情報学環 学術研究棟」の寄贈について

「情報学環・Daiwaユビキタス学術研究館(仮称)」は、東京大学大学院情報学環の坂村健教授が監修され、世界最先端のICT技術を活用し、温度・湿度などを自動検知する「環境モニタリングシステム」や自分の場所を自動認識できる「ユビキタス場所情報インフラ」を導入する予定です。
ふーん。大和ハウスというと、住宅API http://www.daiwahouse.co.jp/lab/HousingAPI/index.html とかロボットスーツHAL(福祉用)とか、最近変なこと色々やっている印象がありますな。

大和ハウスというと「私の履歴書」樋口武男(大和ハウス工業会長):http://blogs.yahoo.co.jp/soho21k_matu/65511699.htmlが超面白かったので、印象が強いですな。特に創業者のエピソードが超面白すぎて泣ける感じでした。

さて、どんな展示になるのかしら。中の人は大変かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/05

テンミニッツとBTRON

http://www.kanmido.co.jp/product/story_time_1.html
テンミニッツ誕生STORY

地方だと売ってないんだよなー、テンミニッツ。
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1209/14/news020.html
ふせんでToDo管理を最適化&スマホ対応、カンミ堂の「ふせんを使うToDoボード」

付箋でタイムマネジメントというので、BTRONの付箋型のインターフェイスとすごく親和性があるように思うんだけど。

http://www.10-min.net/order/index.html
販促物・ノベルティ・営業ツール・集客ツールに! テンミニッツのオリジナル製作

超漢字のノベルティで作ってみたらいいんじゃないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/04

MacとiPhoneでパソコンPOS

 先日行ったイタ飯屋さんが、iPhoneで注文とって、レジがMacという構成だった。
 パソコンでシコシコ作るPosもあるけど、Macでもこんなのが出てきたんだなあと思った。

 iPhoneなんかで注文とって大丈夫か(偏見)?と思っていたけど、飯はまともだった。
 セットメニューのドルチェがいつまでたっても出てこないなーと思っていたら、店の手違いで忘れられていた。

 それはAppleのせいじゃないか。

 しかし、ちょっと前までハンディターミナル込みでうん百万とかの世界が、数十万ぐらいでバラ売りとか。
 ハンディターミナルもITRON業界からどんどん消え去っていくのだなあ。

http://ec-cube.ec-orange.jp/pos/
Apple社iPadなどのスマートデバイスを活用してPOSレジ業務が完結するの?クラウド?

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1109/14/news031.html
スマートフォン・タブレット端末が駆逐する「ある市場」

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1201/16/news111.html
iPadアプリ「ユビレジ」が被災地の居酒屋をPOSレジの二重債務から救った

 BTRON-POSは……DBソフトがないからなあ〜。クラウドの端末タブレットのBTRONレジ……?どう贔屓目で見てもマイクロスクリプトで画面の開発ぐらいしか強みが感じられないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/01

坂村、TRONやめるってよ

というタイトルのパクリがしたかっただけなんだが。

しかし、現実問題として、アフター坂村ってどうなるんだべ。一応原作者で仕切るという前提だからなあ。
ああいう焼け栗だとわかっていて掴みに行く人はなかなか日本にはいないしなあ。

アメリカの大学とか慶応大学あたりで継続すると、意外とうまくいったりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »