« アナログコンピュータ復権? | トップページ | 増補新版 大瀧詠一と大滝詠一のソロ活動40年史 »

2012/09/02

スーパーハイビジョン映画館

デジタル映画配信の普及で、地方のマイナーな映画館は1000万円ぐらいの設備負担投資に耐えられないかもしれないとか。

20年ぐらい昔かなあ、銀座のソニービルで初めてハイビジョンシアターを見たときに、この4倍ぐらい画像が良ければ、普通に小さい映画館だよなあと思った。
今の大きいテレビなんかだと、十分昔の8ミリ自主上映映画館より状態いいし。

4kとか8kとか16Kなんてくれば、あとはフレーム数と音のレベルが標準化できればいいのかな?
つか、ブルーレイで上映してるところもあるんだから、それでもいいんじゃないのかな?画面若干暗そうだけど。

でかい商業ビルはいっぱいできるけど、映画館は減る一方。個人で大画面が所有できるけど、なんだか寂しい気もする。共同幻想はみんなで同時に共有してナンボではないかなあ?

|

« アナログコンピュータ復権? | トップページ | 増補新版 大瀧詠一と大滝詠一のソロ活動40年史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーハイビジョン映画館:

« アナログコンピュータ復権? | トップページ | 増補新版 大瀧詠一と大滝詠一のソロ活動40年史 »