« 確か昔坂村先生がここのカニ屋の話をしたことがあったような気が | トップページ | 坂村、TRONやめるってよ »

2012/09/24

CDというメディアがなくなるとして

http://goodfield.air-nifty.com/ssb/2012/09/20120923-79ea.html
山下達郎 サンデーソングブック 2012.09.23放送はOPUS All Time Best 1975-2012 8倍速試聴会ということで、3枚目はほとんどバラードというのが、ちょっと聴いていて辛かった。ボーナスディスク目当てに買ってしまう俺だが。

このところ、誰も彼もがベストアルバム出しまくってる気がしますが、放送中に山下達郎がCDメディアは、あと2,3年で流通が機能しない可能性が高いような旨の発言があった。その前に出せて良かったと。

まー、都会から地方都市までCDショップが急速に消滅して行っているので、音楽制作の現場の実感としては規定の事実に近いのだろう。実際、ここ数年CD買う金額は激減したしなあ。こないだのフィル・スペクター・ボックスを衝動買いしたのが最後かなあ。そうすると結構最近だな。スペクター・ボックスはブルースペックCDだったりしたけど。

物理的メディアがICT関連機器と環境の普及により実際問題として不要になっていてネットで済ませているのが多数なのはわかりますが、かといって、どのように音楽産業が生き残るかというと……。一時初音ミク関連をネットで聴き倒していたら、結構世の中そっちに向かってしまったでござる。一時の徒花じゃなくなったんだなあ。

洋盤なんか最近日本盤出さずに表にシールだけ貼ってそのまま出したりするものなあ。
やっぱ、超高音質データかMP3の両極化?

皆さん音楽ってどうして聴いてますか?

|

« 確か昔坂村先生がここのカニ屋の話をしたことがあったような気が | トップページ | 坂村、TRONやめるってよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/55737736

この記事へのトラックバック一覧です: CDというメディアがなくなるとして:

« 確か昔坂村先生がここのカニ屋の話をしたことがあったような気が | トップページ | 坂村、TRONやめるってよ »