« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 2次利用フリー »

2012/08/19

もしドラを今更ながら読んだ

ふと手元にあったので読んでみた。

話の内容はともかく、1時間ぐらいでさらっと流れがわかるのはいいかも。
http://sho.tdiary.net/20100831.html

最初の、顧客とは何か?みたいなところまで興味をもって読み進められないんだよなー、普通。
セオドア・レビットのマーケティング・マイオピア(近視眼)みたいなところって、ちょっとした発想の転換が必要だから、そのへんを丁寧に解説してるのはラノベの対象読者のことを考えるといいんじゃないかと。

あとは、事業の流れに応じて必要な要約がテンポよく出てきて、それなりによくまとまっていたと思う。マネジメントの対象が公立高校の野球部という非営利組織であるところも、俺としては好感が持てる。
イノベーションのケースが有効なのかどうかはよくわかんない。

ドラッカーは、フレデリック・テイラーの科学的管理法の方面のひとなので、今のプロジェクト・マネジメント的な方面で考えても有効かも。

ただ、ナレッジ・マネジメントとまでいくと、事業進捗に対して無形資産の管理は所与のものでないから、そのへんは上手くいかないかもね。
目的が所与のものでないことにどのように対処していくか、についてもヒントはあると思う。

もしドラ、はラジオは面白かったのになあ……。アニメがなあ……。

|

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 2次利用フリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/55462100

この記事へのトラックバック一覧です: もしドラを今更ながら読んだ:

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 2次利用フリー »