« 断熱住宅で健康も劇的に改善 | トップページ | 大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012 パート2 »

2012/08/26

「独裁スイッチ」ってマンガがドラえもんにあったような

監修:坂村健ということらしいので。気が向いたら読むかも。

http://www.asukashinsha.co.jp/book/b103173.html
マスタースイッチ  「正しい独裁者」を模索するアメリカ

世界を手中にするアメリカ情報通信・放送・映画・ネット新興企業。 メディア帝国が成長の勢いを止めない理由は、「よい独占」「正しい独裁者」の模索にあった。 「スティーブ・ジョブズのような『正しい独裁者』を生むにはどうするべきかの制度設計。 つまり「独占の良きコントロール法」で高度な議論をする段階に、米国は進んでいる。 それが本書を読んで最もショックを受けた点である――坂村健

んー、インターネットが初期のアマチュア無線や映画や発電事業や電車やエネルギー開発なんかと同様、寡占化されたメディア企業の複合体になってきたというのは、マルクスを引くまでもなく、ある種の必然なわけであって。この道はいつかきた道ってことじゃないすか?もう一回水道哲学をBOPとして考えるべきなんじゃね?

とかなんとか、適当なことを言ってみるのだった。

#関係ないけどスゲエので。

|

« 断熱住宅で健康も劇的に改善 | トップページ | 大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012 パート2 »

コメント

http://mainichi.jp/opinion/news/20111009ddm002070134000c.html
時代の風:「正しい独裁者」の死=東京大教授・坂村健

そういえば、アタチュルクについてエッセイ書いてたっけ。

投稿: halftable | 2012/09/02 22:06

スィッチと言えばフォーゼ?(笑)

投稿: リチャード・王 | 2012/08/31 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/55515357

この記事へのトラックバック一覧です: 「独裁スイッチ」ってマンガがドラえもんにあったような:

« 断熱住宅で健康も劇的に改善 | トップページ | 大瀧詠一のアメリカン・ポップス伝2012 パート2 »