« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/06/29

超漢字でタブレット

http://www.t-engine4u.com/support/tkx86conf/onkyotw2b.html
T-Kernel 2/x86の動作確認報告:ONKYO TW2B-A31B7PH

もともとBTRONのポインタの形は指だしね。合うかもしれない。

問題は右クリックでメニューってどうやって出したらいいんかな。

この辺を1万円未満で無印良品から売り出すとかしたらいいよ。もう電卓なみのコモディティになったらいいんじゃないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/28

ユビキタス ブログ

http://blog.livedoor.jp/ubiquitous777/archives/51477905.html

声優の今井麻美さんのブログのタイトルがユビキタスということに今気がついた。

ええ話や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/22

雲散霧消?

http://sierblog.com/archives/1639260.html
ファーストサーバで大規模な障害発生 データ全消去

俺の知ってるクラウドって、こんなのじゃないと思うんだが……。何したねん?

http://www.susi-paku.com/pakupost-132.html
ファーストサーバーがデータ初期化の大惨事!被害者の状況と損害賠償について調べてみた。

一昨日デスブログみたいなこと書いたからかなあ?最近、俺の書くことがデスブログになることが多くて怖い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/06/21

タイリング・インターフェイス

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/20/news050.html
Microsoftの「Surface」はiPadに太刀打ちできるか

http://satoshi.blogs.com/life/2012/06/surface.html
Surface は「iPad キラー」ではなく「ノートパソコンキラー」だ

水平分業の代表格と言われていたマイクロソフトが本丸の汎用コンピュータ方面で、自社パソコン端末ですか。

なんだかんだ言って、タイリング・インターフェイスに戻っているのが、いいのか悪いのか。
今のウィンドウズ携帯電話も良さそうな気はするんだけど、スマホ一般を使ってないからなんとも言えないなあ。

インテルとARM対応だしアップルっぽい展開だけど、ARMのほうでMS-オフィスがフルスペックで使えるんならいいかもなあ。

なんだかんだ言って、MSのハードウェアはよく出来てるような気はする。XBOXはどんなものか知らんけど、キーボードやマウスは良さげに思ってます。

MSブランドのパソコンは、ユニクロで売ったらいいんじゃないですかね。家電ルートじゃないほうで。
根拠はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/20

停電とICT

止められない機械、それが社会インフラとしてのコンピュータ。
しかし、停電すると止まるのは仕方ないわけで、台風直撃で停電で色々止まったわけだ。

テレビは見れない、録画はパー、電気もつかない、湯沸しがつかないから風呂にも入れねえ。暗いの怖いね。

PCではネットも見れない。災害情報関連のサイトはアクセス過剰のため情報が更新されてないか、アクセス不可とか。馬鹿かアホかと。やっぱり、災害の時はブロードキャストがとっても重要だと思いました。

ま、LEDの懐中電灯とか、ロウソクとか買ってあったけど役に立つことがあるとは思わんかった。
あと、電池式のラジオとガラケーは色々役に立った。ガラケー経由ネットは意外と便利だねえ。

知り合いのスマホ連中は電池切れがひどい様子。スマホの電池の問題はマジで考え直すべきじゃないのか。

やっぱ、電気がないと生きていけないなあ。蓄電装置というかPHV的な何かは必要ですね。
ということで、とっとと寝るだけでした。

翌朝、冷蔵庫の中がどうなっていたかは想像にお任せする。炊飯器は無事動きました。
しかし、信号が部分的に止まってるのには参ったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/18

BYODとソーシャルメディア

ソーシャルメディアが昔のパソコン通信の先祖返りなのはみんな知ってるよね。社会主義メディア。違うか。

携帯メールから始まって、スマートホンでクラウドなソーシャルメディアに接続すると、老いも若きも私的なイベントにソーシャルメディアを利用するようになることもあるだろう。

やっぱ、女性のほうがフツーにコンピュータ応用機器を熱心に利用するのが当たり前になったことが、とっても不思議だけども。

そうすると、会社組織内部でのコンピュータネットワークよりも安価で合意の速度も質も高いことがあるんじゃないかと。

BYODから直接外部ネットにつなぐことが多くなるってことは、組織の外の情報の方が質、量共に重要になってしまっているってことだよね。

やっぱり、この流れは止められないんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

ソーシャルラーニング入門

http://sociallearning.jp/book.html
ソーシャルラーニング入門 - ソーシャルメディアがもたらす人と組織の知識革命

ダニエル・ピンクの推薦あたりで読むのを戸惑ったけども、まあ、学習する組織の近年版という感じ?

Wikiを組織で使うとか、チャットを組織で使うとか、SNSを組織で使うとか、ツイッターみたいなのを組織で使うとかニコニコ動画みたいなのを組織で使うとかのメリット、デメリットは色々あると思う。

まー、それよかメールで作りかけ修正上等な添付ファイルをとりあえず関係者にCCで送っとけみたいなクズな状況や、異なる部署の3,4人で同じ現場や研修に行った報告書を、バラバラに作成して個々の部署で回覧して相互に共有できないとか、時間の無駄と知識の死蔵ですよね。

とりあえず、責任逃れかなんかしらんが、イベント前日の午後3時も過ぎた頃に100ページぐらいの20個以上の修正の可能性のある添付ファイルを関係者全員にCCメールしか出来ないような状況で生産性が上がると思っている奴は全員粛清!

と、いうようなことが日常的になってきてるから、メールの削減というだけでもソーシャルメディアの組織への適用が大多数に効果のあることとして、普通の人にも理解される基盤が整ってきつつあるのかなあという証左のような本だと思いました。

CIAの組織内部Wikiってスゲーと思いました。

あとは、ソーシャルメディアへの付き合い方のポリシーは作っておくべきだというのはその通りだと思う。

でも、このソーシャルの先はやっぱりP2Pだよなあ……。普通に考えて。

ここはひとつ、ソーシャルトロンとかいって、S-TRON?GER?クラウドトロンでCTRONもいいけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/14

スマート×カー

自動車と、スマホとかの融合が話題になってるみたいな気もするけど、車はともかくICTなほうは、アップルMSグーグルと日本の方はない。

スマートといっても二人乗りの軽自動車のことじゃないよー。

そもそも、自動車道がスマートになる方向のITSはどうなったんよ?

やっぱり、スマートってなんなんだろう。

スマホでコントロールされている車が変なアプリでパトレイバー劇場版1みたいになるのはスマートとは言わないわけですねわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/13

毎日エクセルぐらいしか使っていない

アプリケーションとしては、エクセルとメモ帳というかRTFエディタぐらいしか使っていないなあ。

ワードは、添付ファイルをちょっと書き換えるための道具ぐらいの意味しかないし、パワーポイントはファイルを開く道具でしかないし、データベースソフトは業務用端末に入れてくれないし、フリーソフトは入れさせてくれないし。

ということで、実際問題アプリケーションとしてはグループウェアとエクセルぐらいしか使ってねえ。

エクセルがBTRONの表計算みたいにファイル管理できたらなあ……。ハイパーリンクで似たようなことはできなくもないけど。

そういえば、ファイラーって最近使わないなあ。なんでやろ。

BTRONの実身/仮身は、ファイラーとしては結構よく出来てるんじゃないかと思っている。最近全く使ってないけど、内容ごとにフォルダに集めたりするのが面倒で面倒で、仮身みたいなリンクで作ったネットワーク型のファイル管理、つまりBTRON的なファイル管理じゃないと頭が嫌がるんだよなあ。

XPでそれやるの面倒なんだけどなあ。罪なマイナーOSだよなあ。WinFSとかWin8だかで、そのへん早いとこパクってくれないかなあ。どこのOSでもいいから。

あとはエクセルに、カード型データベースモードとか実装してくれないかなあ……。横長のなん十項目もあるデータ入力マジめんどくさいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/12

日の丸スマートテレビとかスマートメーターとか

それゆけスマート。つーか、なんすかスマートって。

総務省だから、関係が少しはあるんですかねー。

M2Mでの調停がスマートってことなのか、よくわかんない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/09

スルガ銀行とIBM

端折って言うと、IBMのパッケージソフトの提案の仕方に問題があったよ、ということな訳ですかね。日本IBMの治外法権がなくなるのもこれが原因なのかしら?

スルガ銀行は同じ地銀の静岡銀行に比べると、トータルでの現場力は一段及ばないような印象があるけど、その分スルガの頭取というか社長がITで挽回しようと?IT方面や人事などの取り組みは面白いことをやっていただけに、今回の結果は旧北海道拓殖銀行のシステム片寄せの実績の件などがあったので、スルガの無理筋?と思っていたから実のところ意外ではあったけども、それなりに納得できるような気はする。どちらにせよ勝者はいないわけで。

いずれにせよ、全貌は分かんないし、あんまり分かりたくもないわけだが。

信用金庫の基幹業務向けパッケージソフトで低コストとかなんとかかんとかも上手くいったのは聞いたことないし、金融系の開発ってロクな話聞かないけども。

パッケージで炎上した話も多いし、難しいよね。安くて早くて美味しいって。

◆なれる!SE7 目からウロコの?客先常駐術
著/夏海公司 イラスト/Ixy

こんどはYRPに常駐だ!って感じですねわかります。



http://open.secret.jp/img/IT_Project.jpg


http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0902S_Z00C12A4000000/
IBMに74億円の賠償命令、スルガ銀裁判の深層

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120522/398241/
明らかになったスルガ銀-IBM裁判の判決理由

http://blogs.itmedia.co.jp/itlegal/2012/05/ibm-9fee.html
【特別編】スルガ銀行とIBMの紛争について

http://blogs.itmedia.co.jp/itlegal/2012/06/ibm-cb5e.html
【特別編】スルガ銀行とIBMの紛争について(後編)

http://d.hatena.ne.jp/ronnor/20120518/1337349163
ついに明らかになったスルガ銀行・IBM裁判判決文を読み解く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/07

レイテンシ

http://eetimes.jp/ee/articles/1206/05/news095.html
4G通信で変わるのはケータイだけではない、組み込みの世界が変わる

「4G(第4世代無線通信規格)のポイントは何だと思いますか」。東京大学大学院情報学環で教授を務める坂村健氏の問い掛けだ。
4Gが使えるようになれば組み込みシステムのアーキテクチャ自体が変わる。具体的には組み込みシステムをネットワーク端末とするリアルタイムのクラウドサービスが広がっていくだろう」(坂村氏)。

IP/V6と合わせて、ちっちゃい端末がネットでつながるんだろうけど、そこでのコントローラーのOSは?ってばよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/06

息切れ クールジャパン

http://www.newsweekjapan.jp/magazine/74567.php
Newsweek 2012年6月13日号

日本のコンテンツは、家電や携帯電話と同じでガラパゴスだ……って最初からそうじゃん。

http://d.hatena.ne.jp/morohiro_s/20060310/p1
大瀧詠一、相倉久人「大滝詠一のポップス講座--分母分子論」(初出『FM Fan』1983年)
のまんまやんけ。進歩ないな日本。

http://plaza.rakuten.co.jp/45emon/2000あとで読む。

村上隆のそれでも世界史の現代美術上の文脈に無理やり乗せて、後で評価されるように種まきするという意見の方がまともだと思いますけどね。

つか、日本のテレビドラマのパクリっぷりの指摘の方が面白かったけど。テレビ見ないから知らないけど。
音楽だって、パクリって言えばパクリだしねぇ。

クールジャパン自体がクールブリタニアのパクリなんだから、まあいいか。

ソフトパワーっつったって、サブカルチャーで安全保障ってことにはならないんでないの?
OSやコンテンツフォーマットみたいなパテントで大儲けで国家安全保障とガチにからんでくるソフトウェアの保護は腰砕けだったでござる。

覆水盆に返らず。そんな1989年5月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/04

「イケアがテレビを発売」の衝撃

http://wired.jp/2012/06/04/ikea-tv-uppleva/
「イケアがテレビを発売」の衝撃

未だにIKEA行ったことないんですけど……。日本で言うとニトリがテレビ位の話ですかね?

家具屋さんがスマートTVを売り出したってことだけど、最近はビジネスホテルでもテレビで室内環境をコントロールするスマートTV的な感じの業務用が結構あるような。

通信プロトコルさえ標準化できていれば、家庭でもあーいうことが出来るんだろうな。実際使ってみると、あんまり便利な気がしないけど。

だいたい、テレビとスピーカーが一体になってなくてもいいから。

モジュラー家電でインテグラルな家電業界をぶった切るって頭の悪い経済評論家みたいなことはどうして起きないんであろうか。

そろそろ、無印良品かユニクロあたりがタブレット出してもいいんでないか?家具調テレビで、タンスとテレビを一体化するとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/03

BYOD

BYODとは、「Bring Your Own Device」(自分のデバイスを持ち込む)ってことで、スマホだのタブレットだのがあると、手元でネットが見れて仕事で便利ですよねー。

ということでガシガシ業務用端末との混在が進みまくりつつあるけど、いいのかなあ。

なんか、私用のことをついでにやっている時間の方が多いように見える気もするんだけども……。
通信費自分持ちなんだろうからいいけどさー。

しかし、退職してからパソコンに興味持つぐらいだったら、現役の時に仕事で使えや、今更俺に聞いてくんなや使えって言った時に覚えとけやコラって思わなくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »