« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/24

iTV

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1111/24/news114.html
Appleのテレビ「iTV」、シャープが来年から製造か 米アナリスト

シャープはその昔Newtonの生産委託で大火傷したような記憶があるけども。

アイホンをリモコンにして使いやすいテレビになったりするんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

資源回収

自治会の資源回収で肉体労働。

しかし、新聞やら雑誌やら段ボールやら沢山あるもんだ。

雑誌不況の影響か、結構な量が減っている模様である。

電子新聞だの電子雑誌になったら、どうなるんかねえ。

新聞はともかく、雑誌読まなくなったなあ。暇がないというのもあるけど、ゴシップなんかはネットのタダのコンテンツで充分だしなあ。

でも、ある程度まとまった内容をタイムリーに読みたいときは雑誌が便利なんだよなあ。日経エレクトロニクスも買ってまで読みたいとは思わないんだよなあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

新聞切抜き業務は面倒だからもうやめよう

クリッピング・サービス
http://www.ccnp.jp/what.html

会社などで「日常業務」として継続的に新聞記事をチェックし、関連がある記事を複写して社内配布することを意味します。このような利用形態であれば、複写部数の多寡を問わず、たとえ20部以下の複写であっても、クリッピング・サービスに該当します。

ということで、結構前からせっかく朝忙しいのに切抜きしても回覧で回ってこなくなった。
時間と労力の無駄じゃないですか。

もう、グーグルニュースのリンク集をメールで送って、新聞取るのやめてもいいんじゃね?

非営利のサイトに記事を転載する許諾みたいなのは、頑張って早めにもらえるのはありがたいと思いますけど……。

著作権の運用なのは、わかるけども、こういうので若いもんは新聞の読み比べとか一次取材によるベタ記事の重みを知っていくのだけどなあ。新聞離れもやむなしと言わざるを得ないと思う。


関係ないけど、
http://dengekibunko.dengeki.com/new/bunko1111.php#new1魔法科高校の劣等生 の作者の人って、組み込みエンジニアの人なんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/14

枝豆

http://mainichi.jp/select/opinion/jidainokaze/news/20111113ddm002070081000c.html
時代の風:共同体維持の知恵=東京大教授・坂村健

今回その浸透に驚かされたのは枝豆である。ヨーロッパではあまりに皆が食べるので生産が始まっているようだ。ロンドンで店の人に「冷凍物か?」と聞くと「生に決まっている」と怒られた。

最近は冷凍でも十分うまいけどなあ、枝豆。動画みると実際流行っている気はする。

そんなにガイジンの人は日本のカレーが気味悪く感じるのかしら。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/12

200自治体クラウドにDoS攻撃

http://blog.goo.ne.jp/teramachi-t/e/0132bd848735472fb6cd737f4c235a7d
◆200自治体不具合 電子申請システムにDoS攻撃/富士通にサイバー攻撃/クラウドの安全対策課題

割とひねりのないDoS攻撃みたいなんだけど、全国で一斉にこんなに止まって大丈夫か?

大丈夫だ、問題ない(ソニーを見ろよ)。

とか言っていていいんだろうか。今回は、富士通の電子申請に関係するだけなんだろうが、もっと重要なシステムにもっと高度な攻撃が加えられていたら、っていうか表に出てないだけでもっと以前にもっとダダ漏れしてたりとかするんじゃね?

http://unkar.org/r/news/1320409298
総務省のPCがウイルス感染、3ヶ月放置 どうなっとるんや日本の通信行政!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

自動車取得税と自動車重量税を撤廃?

・カラーテレビ (Color television)・クーラー (Cooler)・自動車 (Car) の3種類の耐久消費財をその昔は、3C 新・三種の神器と言ってもてはやしていたのが、いまや全部日本のお荷物扱いなの?

売れないからって税金減らすのというのも、こないだのガソリン減税だの高速道路無料化と何か違うのかという無力感は漂うんだけども。自転車disるのも自動車のため?

そもそも保険料だ駐車場だの無駄な維持費の方が問題なんだから、レンタカーやカーシェアリングが便利になってほしいぐらいにしか思ってないんだが。

ただ、消費税これ以上上げるんなら、自動車「取得税」ばっかでなくって、ほとんどの「取得税」で残ってるようなものは法源のレベルで考えて、課税する根拠ないんじゃないの。

取得税止めれば、その分役所の人も減るから、行政コストも減るような気がするけど、車検もついでに無くしちゃえば運輸支局も無くなってなおいいんじゃね?

大体、道路特別会計以外に道路関連の税金取るのって、既にして二重取りみたいなもんだったような気がする。

自動車が「ぜいたく品」という時代はもう当の昔に消えた観念だろう。消費税上げセットで無くす検討をするべきだと思う。

タイの自動車生産もどうなるんかしら。わざわざ日本から勝負かけて行った中小企業の下請けの人は相当怒っているらしいが。

ハードディスクもどうなるんですかね。昔、DRAM用のエポキシ工場が消えてなくなって、DRAMの値段が高止まりしたら、Win3.1の普及が急ブレーキというNECの陰謀があったけど、今度は何が急ブレーキなんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/08

新型「ポメラ」

打ちやすくなったキーボード採用の新型「ポメラ」 Bluetooth対応、親指シフトも

おー、これはなかなか面白い。

アンドロイド×TRON×日本語ワープロ専用機のネタで書こうと思って迷走を続けているだけに……。

親指シフトができるようになったのと、CSVで表が作れるというのもポイント高いかも。
これで、印刷ができればもういいかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/07

3C 新・三種の神器が日本のお荷物に?

週刊ダイヤモンド11月12日号 家電淘汰!Map テレビ産業 終焉マップ Part 1 日本のテレビ産業の終わり

などと、東スポの週刊ダイヤモンドにdisられる日本のテレビ製造業界ですが、日曜の夕方家電量販店に行ってもテレビ売り場の前に人いないし、一インチ1000円強のテレビが並んでいるのが寒い風景になっている。

・カラーテレビ (Color television)・クーラー (Cooler)・自動車 (Car) の3種類の耐久消費財をその昔は、3C 新・三種の神器と言ってもてはやしていたのが、いまや全部日本のお荷物扱いなの?

テレビも別に嫌いじゃないんだけどなあ。とりあえず、NHK以外のBSが通販のコマーシャルと韓国ドラマなのは、本当に何とかならんのか。韓国ドラマはまだいいけど、通販CM番組はもう本当に電波免許取り上げてもいいレベルなんじゃないかと。
そのくらいなら、もっとアニメのブルーレイ商売枠を増やしてくれてもいいと思うんだが。

だいたい、リモコンが多いし、チャンネルが多いし、HDレコーダーの使い方よくわかんないし、地デジ録画できないし、もう何見ていいかよくわかんない。情弱と呼んでくれて結構だ。

ビエラリンクとかアクオスリンクとかレグザリンクとかメーカー囲い込みしてないで、家電業界共通プロトコル作ってくれ。リモコンの操作なんぞ覚えてられないっつーの。

老いては子に従えって、こういうことかしら?
http://matome.naver.jp/odai/2132021556365272701
最近の子供・学生がデジタルネイティブすぎる…ツイッター報告まとめ

・白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫 あたりの元3種の神器あたりからやり直すか?

TPPでマスコミの外資規制緩和が出た瞬間から、反対論の報道が現金に出始めたような気もするけど、外資が入ったらもっとテレビが面白く見やすくなったりするんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

コンピュータ・アニバーサリー

コンピュータ・アニバーサリー――社会を変えた技術の40年http://allatanys.jp/B001/UGC020006720111102COK00937.html

ということで、坂村先生のあらたにす。

コンピュータというのは、10年ごとになんかの階段を上がってるんですな。

スマートフォンとタブレットも10年経ってやっとまともになりつつある感じですな。

最近、標的型メールの警告が結構来たりするけど、怪しいメールは開かないとか、解決方法になってないような内容ばっかりだなあ……。

銀行のカードの暗証番号が4ケタから増やせないみたいなもんか。そういえば、運転免許と献血の暗証番号がまったく思い出せなくなったけどどうしたらいいんだろう……。もうすぐ免許更新なのに。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »