« これからの「正義」の話をしよう | トップページ | 警視庁型とアマゾン型と英語とひらがな »

2010/10/10

アップルを創った怪物

あまり体調が芳しくなく、一日中スティーブ・ウォズニアクの自伝を読んでいた。

実はまだアップルの社員で辞めてないとかウケる。つげ義春wwwww。

アマゾンのジェフ・ベゾスもそうだったけど、父親が軍関係のエンジニアリングの仕事していて、アーパネットなどのコンピュータの可能性に小さい頃から触れているのね。まさに元祖デジタル・ネイティブ。
親の教育って重要なのね。

西海岸のシリコンバレーも軍の影響無しにはその土台はできなかったんだろうな。その辺さっぴいて話すのって良くないよなあ。

今復刻した、超マシン誕生のNOVAのポスター部屋に貼ってたとか、DECのPDPのマニュアル読んで、エアギターならぬエアコンピュータ設計してたとか、どんだけオタクですか。

あと、HPでアップル2開発したいといって断られたのって、それなんて「イノベーションのジレンマ」?

アップルの技術センスがサッパリとしていてきれいな感じがするのも、この人のおかげがあるんだろうなあ。
アップル由来の技術標準もこの人由来か、要するに。

PARCに行ってウォズニアクもGUIは帰らない河だと思ったそうだが、アップルのエンジニアとして残っていたらどうしていたのだろうか。

お金があるっていいような悪いような人生かなあ。飛行機事故以降やクラウド9のこともいろいろと書いてあって興味深かったです。

やりたいことがあるなら、一人で副業で趣味で細く長くというのは、まあその方がいいよねと俺も思う。

|

« これからの「正義」の話をしよう | トップページ | 警視庁型とアマゾン型と英語とひらがな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/49705208

この記事へのトラックバック一覧です: アップルを創った怪物:

« これからの「正義」の話をしよう | トップページ | 警視庁型とアマゾン型と英語とひらがな »