« 豊橋カレーうどん | トップページ | “これも自分と認めざるをえない”展 »

2010/09/20

デフレの正体~経済は「人口の波」で動く

デフレの正体~経済は「人口の波」で動く
藻谷 浩介 角川書店


去年ぐらいに鹿島茂が毎日新聞のコラムで
人口ピラミッドがひっくり返るとき―高齢化社会の経済新ルール /ポール ウォーレス」で書いてあることで今の不況って全部説明できるんじゃね?みたいなことを書いていたような。

俺は10年ぐらい前に同書を読んでいて、その後この本に書いてある通りになったような風に思っていた。だいたいあってるってやつですね。

ただ、アメリカ版なので、割とアメリカ中心の内容だし、10年経ったのでそろそろこの内容の続きを完全日本目線で誰か書かないかなあ、と思っていたら、それらしいことが書いてありそうな雰囲気を書評で見つけたので読んでみた。

アメリカのベビーブームはヨーロッパ戦線が多少早めに終ったせいで若干早めに始まっているし、特別なバースコントロール政策をしなかったんだと思うが、日本の団塊世代のように3年かそこらで急激な人口増が終っているわけでもない。だから、アメリカの年金問題のほうが早めに始まったわけだし、今後の見通しはもっと暗いんじゃないかと思うが。

ドラッカーの「いまここにある未来」の現代版ということでもいいかな。

大体大雑把な話はいいんじゃないですかね。
働く人間の実数で景気が決まるってことでいいと思います(はしょりすぎ)。

ぶっちゃけ、生産人口が3分の1になって無産者の高齢者が3倍になったら、どんだけ生産性が向上しても追いつかないんじゃないかねえ。

日本経済新聞で http://www.ipss.go.jp/ 国立社会保障・人口問題研究所 が7月8月とゼミナールでのミニ連載を続けていたのを興味深く読んでいたこともあって、データ的なものはすんなり読めた。

50年後の日本の人口ピラミッドとか見ると絶望的な気分になりますな。これで一体何をどうしろと。
http://www.ipss.go.jp/site-ad/TopPageData/Pyramid_a.html

マクロ経済方面からの因縁をずいぶ付けられたみたいですな。
マクロ方面の因縁もわからんじゃないけど、マクロ経済の前提になってるのって、人口ピラミッド分布が三角形だった1930~60年ぐらいあたりなんだろうからなあ。
一国の中の経済で原則お金の流れが完結していて、アービトラージ(裁定)による付加価値が国富の生産に大きな衝撃をあたえるというリーマンショック的なことが前提に入っていない人たちも、なんだかなあと思わなくもない。
スタグフレーションの原因とかいい加減定説とか出てもいいんじゃね?

さて、21世紀の最初の10年は公共事業の断末魔で、次の10年は社会福祉の断末魔ってとこなんでしょうか。
実際そうなるしかないのかねえ。

中国も一人っ子政策のツケがあと10年ぐらい以内には現れて、そのうえ元東大総長の小宮山さんが言う中国のとりあえずインフラ需要一周するのあと10年以内ぐらい予想に加えて、その結果としての中国政治混乱と国際的プレゼンスの低下が10年以内に起こるだろうから、あんまに中国だの移民だのをあてにするのは如何なものかということについては、まあそんなもんかな。


移民政策もねえ、今年の6月ぐらいまでハローワークでやってた、主にブラジル人向けの帰国支援制度のグダグダな運用と、かかった総額を側聞するとねえ。
この辺のことが、あんまりマスコミネタにならなかったというか、させなかったのか?とか考えると気分は暗いんですよね。

http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112301000433.html
【帰国支援制度】仕事を失った日系人向けの支援策の一つ。職がなく帰国を希望する労働者本人や扶養家族に一定額を支給するほか、雇用保険の受給日数が30日以上残っている人には10万円、60日以上は20万円を上積みする。日系人がこの制度を利用して帰国すると、3年程度は就労を目的とした在留資格での再入国ができなくなる。


女性が働けば、労働人口増えるじゃんというのは、そりゃそうなんだけどさあ。
出産にからむ人事のごたごたに疲れきってしまった身としては、なんだかなあと全力で思わなくもない。

まあ、この辺の認識がスタートラインってことでいいんじゃないスカ?

いままでは、ある意味団塊の人が退職するまでタブーにしたい感じの話題だったけど、団塊の人たちの退職金を騙し取ったあとだから、もう洋梨でぶっちゃけた話にうつるかねえという時代の雰囲気の変化が来た感じですかね。

|

« 豊橋カレーうどん | トップページ | “これも自分と認めざるをえない”展 »

コメント

うーん、読んでないけど、効率上げると供給力が上がってデフレになる、という話だと思うけど。つまり高齢化などで労働人口が減るとそのままだと供給力が減ってインフレになるはず。減った分の効率を上げたら横ばいで、それ以上に効率化したらデフレに。

投稿: リチャード・王 | 2010/09/30 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/49509018

この記事へのトラックバック一覧です: デフレの正体~経済は「人口の波」で動く:

« 豊橋カレーうどん | トップページ | “これも自分と認めざるをえない”展 »