« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/25

“これも自分と認めざるをえない”展

“これも自分と認めざるをえない”展
http://www.2121designsight.jp/program/id/director.html

美術手帳で佐藤雅彦特集ということで、つられてふらふらと六本木のミッドタウンの21_21まで行ってしまった。
頭が悪いなあ、俺ってば。

中身的には、デバイスアートのど直球。しかも六本木の森美術館の時のRFID系のデバイスアートから生体認証系のデバイスアートへ。
そっち?そっちなの?やべえ面白すぎる。

つうことで、これそのまんまTRONSHOWで再現してもいいくらい、RFIDのユビキタスが社会インフラが「整いました」な状況になったら、あんなイヤーンな感じやこんなイヤーンな感じになりまくりじゃね?という想像図とか、自分って何的なデモが面白すぎます。

いや、RFID抜きの生体認証でド直球で本人認証もどきなことやるから、逃げられないってこういうことかと思いまくりすぎ。

まだ、やってるから見に行くと面白すぎるかも。
ただ、休日は体験系のイベントは入れないだろうなあ。
ただ時間のかかるイベント系の出し物の方が面白いというのが困ったものだ。万難を排して体験していただきたい。

そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/20

デフレの正体~経済は「人口の波」で動く

デフレの正体~経済は「人口の波」で動く
藻谷 浩介 角川書店


去年ぐらいに鹿島茂が毎日新聞のコラムで
人口ピラミッドがひっくり返るとき―高齢化社会の経済新ルール /ポール ウォーレス」で書いてあることで今の不況って全部説明できるんじゃね?みたいなことを書いていたような。

俺は10年ぐらい前に同書を読んでいて、その後この本に書いてある通りになったような風に思っていた。だいたいあってるってやつですね。

ただ、アメリカ版なので、割とアメリカ中心の内容だし、10年経ったのでそろそろこの内容の続きを完全日本目線で誰か書かないかなあ、と思っていたら、それらしいことが書いてありそうな雰囲気を書評で見つけたので読んでみた。

アメリカのベビーブームはヨーロッパ戦線が多少早めに終ったせいで若干早めに始まっているし、特別なバースコントロール政策をしなかったんだと思うが、日本の団塊世代のように3年かそこらで急激な人口増が終っているわけでもない。だから、アメリカの年金問題のほうが早めに始まったわけだし、今後の見通しはもっと暗いんじゃないかと思うが。

ドラッカーの「いまここにある未来」の現代版ということでもいいかな。

大体大雑把な話はいいんじゃないですかね。
働く人間の実数で景気が決まるってことでいいと思います(はしょりすぎ)。

ぶっちゃけ、生産人口が3分の1になって無産者の高齢者が3倍になったら、どんだけ生産性が向上しても追いつかないんじゃないかねえ。

日本経済新聞で http://www.ipss.go.jp/ 国立社会保障・人口問題研究所 が7月8月とゼミナールでのミニ連載を続けていたのを興味深く読んでいたこともあって、データ的なものはすんなり読めた。

50年後の日本の人口ピラミッドとか見ると絶望的な気分になりますな。これで一体何をどうしろと。
http://www.ipss.go.jp/site-ad/TopPageData/Pyramid_a.html

マクロ経済方面からの因縁をずいぶ付けられたみたいですな。
マクロ方面の因縁もわからんじゃないけど、マクロ経済の前提になってるのって、人口ピラミッド分布が三角形だった1930~60年ぐらいあたりなんだろうからなあ。
一国の中の経済で原則お金の流れが完結していて、アービトラージ(裁定)による付加価値が国富の生産に大きな衝撃をあたえるというリーマンショック的なことが前提に入っていない人たちも、なんだかなあと思わなくもない。
スタグフレーションの原因とかいい加減定説とか出てもいいんじゃね?

さて、21世紀の最初の10年は公共事業の断末魔で、次の10年は社会福祉の断末魔ってとこなんでしょうか。
実際そうなるしかないのかねえ。

中国も一人っ子政策のツケがあと10年ぐらい以内には現れて、そのうえ元東大総長の小宮山さんが言う中国のとりあえずインフラ需要一周するのあと10年以内ぐらい予想に加えて、その結果としての中国政治混乱と国際的プレゼンスの低下が10年以内に起こるだろうから、あんまに中国だの移民だのをあてにするのは如何なものかということについては、まあそんなもんかな。


移民政策もねえ、今年の6月ぐらいまでハローワークでやってた、主にブラジル人向けの帰国支援制度のグダグダな運用と、かかった総額を側聞するとねえ。
この辺のことが、あんまりマスコミネタにならなかったというか、させなかったのか?とか考えると気分は暗いんですよね。

http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112301000433.html
【帰国支援制度】仕事を失った日系人向けの支援策の一つ。職がなく帰国を希望する労働者本人や扶養家族に一定額を支給するほか、雇用保険の受給日数が30日以上残っている人には10万円、60日以上は20万円を上積みする。日系人がこの制度を利用して帰国すると、3年程度は就労を目的とした在留資格での再入国ができなくなる。


女性が働けば、労働人口増えるじゃんというのは、そりゃそうなんだけどさあ。
出産にからむ人事のごたごたに疲れきってしまった身としては、なんだかなあと全力で思わなくもない。

まあ、この辺の認識がスタートラインってことでいいんじゃないスカ?

いままでは、ある意味団塊の人が退職するまでタブーにしたい感じの話題だったけど、団塊の人たちの退職金を騙し取ったあとだから、もう洋梨でぶっちゃけた話にうつるかねえという時代の雰囲気の変化が来た感じですかね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/09/19

豊橋カレーうどん

3連休ということもあり、少しは出歩こうと思って豊橋に遊びに行ってみた。

夕食には今話題の豊橋カレーうどん一択。つーか、それ食べに行ったんだけどさ。

豊橋駅から少し歩いたところのこちらに行ってみた。
http://www.honokuni.or.jp/toyohashi/info/000015.html
勢川 本店
老舗の味をたっぷり盛込んだボリュームのある豊橋カレーうどんです。

意外と混んでるなあ。しかも、若い旅行者風の体の人たち全員豊橋カレーうどん注文してるし。
全員俺と同じミーハーなのかと。メディアにのせられて動くのかと。まあ、そんなもんですよね。

とろろご飯の上にカレーうどんとウズラ玉子という取り合わせって正直どうなのと思ったけど、普通に食べられました。700円で結構なボリュームだったので、ボッタクリ感とかなく、カレーうどんで残りがちなカレールーがとろろご飯で無駄なく回収できて、お得感があったりするから、普通に定着すると思いました。

なんか、ちゅるちゅるうまうまの若鯱屋を思い出すのは仕方ないか。
http://www.wakashachiya.co.jp/index.html

愛知県ってそんなにカレーうどんが好きなのかと思いました。そんな休日。

ユビキタスとは関係する話題……(汗)精文館書店増床したのはいいけど、TRON関連のあたり手薄になってないか……?

あと豊橋の駅前ものすごく寂れてないですか?豊橋駅改装したばっかりの事はまだここまでひどくなかったような気がするんだけども。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/16

改善ブレイン

http://www.improve-inc.co.jp/ 改善ブレイン

昔、ISOP とかいうソフトがあった様な気がするんだけど、それと同じなのかしら?

新QC7つ道具は、BTRONの応用と相性が良いと以前から思っており
系統図法 http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2005/12/post_48b5.html
でもエントリしてみたけど、こういう外枠があるといいのになと思った。

体験版もあるみたいなので、いいかもしれない。

マンダラートがあるのもいいかも。

こういうのが日本製であるのに、普及しないのかねえ。なんでですかね。
フリーソフトの方が使いやすい?ガラパゴスだから?


#しかし、スゴイ内容だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/06

電力制御システム「グリーンタップ」

いまいちシステムが想像し難いのだけど、NECの子会社だそうで。

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100710/biz1007101201004-n1.htm

ついで
↓どうも下の記事には胡散臭い匂いがするので、多少捏造が入っていると思うが、
安易に海外展開してきたつけもそろそろ効いてきた頃だし(--;)

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100906/biz1009060123001-n1.htm
基本的にはサムソンの戦略勝ち+アメリカ人のガサツ+安い=良い、あたりを中軸に
比較対象を歪曲しているんだろうが、円高ウォン安なのもあるからねぇ。
(ボリューム層の話限定なのを全体へすり替えとかいう話かな。海外製の海外向けの
日本ブランドのことだろう。その辺は日本の企業も良い戦略をとっていないのも確かだろう)

いい加減、日本が輸出主導だとかいう捏造報道はやめれ、とかいう話はどうなの?
(その点では産経もダメだな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

ガンダム大仏

http://www.gundam-shizuoka.jp/
「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」内「RG1/1ガンダムゾーン」

寺社拝観みたい。賽銭箱置いておくべきだと思った。

ジャブローコーヒーはちょっと薄かったかなあ。1/1コアファイターも良くできてたと思う。
富士急ハイランドにもあるんだよなあ。ガンダム。

連動企画;

静岡県立美術館2010年9月18日(土)~11月7日(日)
開館時間:10:00〜17:30(展示室への入室は17:00まで)

ロボットと美術展
 http://robot-art.jp/

〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2
TEL: 054-263-5755


http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2010/04.php


100905_140701


Sn3k00101


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »