« グラフェン半導体 | トップページ | 声優ユニット「LISP」に対抗して「TRON」があってもいいような気がする »

2010/07/18

『鉛筆と人間』ヘンリー・ペトロスキー

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1186.html
ヘンリー・ペトロスキー 本棚の歴史

ヘンリー・ペトロスキーの『鉛筆と人間』を読むと、鉛筆がハイテクを生んだような気がしてくるから不思議だ。

でも、鉛筆が公教育にもたらした衝撃的な影響のことを考えれば、電子教科書なんてのは比較的大したことがない部類にはいるんだろうとも思うけど。

もちろん、絵画にとどまらず社会・芸術に与えた影響というのはコンピューターよりある意味大きいのかもな。

いやマジで。

http://blogs.itmedia.co.jp/yasusasaki/2010/07/ipad-ab70.html
宮崎駿監督iPadについて「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」と語る

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1186.html
ヘンリー・ペトロスキー 本棚の歴史

もっともペンシルの語源がペニスに由来するといった話も

まあ、何がとは突っ込まないけどさあ、似たようなことをしてるような気がするのは気のせいでもないような気がしてきた。

|

« グラフェン半導体 | トップページ | 声優ユニット「LISP」に対抗して「TRON」があってもいいような気がする »

コメント

宮崎駿「iPadは自慰行為そのもの」 「iナントカじゃ大切なものは手に入らない」―日本解体を頑なに信じる妄想老人の仲間か?

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。宮崎さんのiPadに対する発言まったくいただけませんね。宮崎さんの年代の人たちにはもう少数派になりましたが、ある一定の共通したメンタリティーがあるようです。宮崎さん、どうせ、社会一般には疎いでしょうから、妄想癖をポジティブなほうに使い、漫画の世界で頑張ってください。余計なことに口を出して、自らを貶めるような行為は慎むべきと思います。このような、メンタリティーの妄想老人には、妄想をやめて現実に立ち返れないというのなら、後進に道を譲り政界からも、漫画の世界からも早く消え去っていただきいと思います。そのほうが世の中のためです。ここでは、書き足りません、詳細は是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010/07/19 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/48910114

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉛筆と人間』ヘンリー・ペトロスキー:

« グラフェン半導体 | トップページ | 声優ユニット「LISP」に対抗して「TRON」があってもいいような気がする »