« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/31

BTRONって有名だったのかなあ

http://agora-web.jp/archives/1065328.html

元ネタ:http://iiyu.asablo.jp/blog/2010/07/30/5256215

実のところ、俺がBTRONについて本格的に興味を持ったのは、1993年ぐらいなので、1989年あたりの盛り上がりというのは、実のところあまり良く知らないんである。

だから、日本の学校にBTRONが配られたということも、初めて知ったんだけど。

でも、パナカルETってそんなに全国的に配布されたのかしら。
俺の記憶だとNECが386DOSのパソコンの在庫セールを学校相手に行ったのを思い出すぐらい。

あとは、スズキの子会社が統合ソフトのキューブってのがあったかなあ。

俺の知り合いの学校の先生は結構BTRONが学校に入るのを楽しみにしてたけどなあ。

もっとも、当初の計画通り1989年にIBMの大和研究所とNTTが組んでBTRONのシステムを出していたらどうなっていたのかなあと、今でも思うけれど。たぶんそれが2Bと言われるものだったのかしら。富士通だけじゃなかったんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/28

声優ユニット「LISP」に対抗して「TRON」があってもいいような気がする

という感じの一発ネタ。イエス!アスミス!

http://lisp.dive2ent.com/
LISP公式サイト「LISP OFFICIAL WEB SITE ~部屋とパソコンとLISP~」

インドの5千円パソコンとか、グーグルとヤフーで日本征服とか、iPADで教科書とか色々書けそうなことあったんだけど、もう仕事が忙しくて夏バテで。

#と言いつつ、全然関係ない動画を貼る俺。このノリは田中真弓と島津冴子のころのアニメトピアを思い出すなあ。アレはラジオ大阪だったけど。

#こんなもんまであるんだ。これリアルタイムで聞いたなあ。インターネットって凄いと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

『鉛筆と人間』ヘンリー・ペトロスキー

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1186.html
ヘンリー・ペトロスキー 本棚の歴史

ヘンリー・ペトロスキーの『鉛筆と人間』を読むと、鉛筆がハイテクを生んだような気がしてくるから不思議だ。

でも、鉛筆が公教育にもたらした衝撃的な影響のことを考えれば、電子教科書なんてのは比較的大したことがない部類にはいるんだろうとも思うけど。

もちろん、絵画にとどまらず社会・芸術に与えた影響というのはコンピューターよりある意味大きいのかもな。

いやマジで。

http://blogs.itmedia.co.jp/yasusasaki/2010/07/ipad-ab70.html
宮崎駿監督iPadについて「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」と語る

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1186.html
ヘンリー・ペトロスキー 本棚の歴史

もっともペンシルの語源がペニスに由来するといった話も

まあ、何がとは突っ込まないけどさあ、似たようなことをしてるような気がするのは気のせいでもないような気がしてきた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/17

グラフェン半導体

今日の日経の夕刊に載ってた。
いよいよ富士通が曲げられるシート状パソコンを作ってくれるのかしら。

まあ、あと5,6年ぐらいかかるみたいだから、OSとチップを例のアレに……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/07/12

ユビキタス社会を“携帯+RFID”で

http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1007/12/news072.html
ユビキタス社会を“携帯+RFID”で――日立とKDDIが端末を発表


日立製作所とKDDIは7月12日、総務省の委託研究「ユビキタス端末技術の研究開発」の一環として共同開発したRFIDリーダー/ライター搭載携帯電話を披露した。

まだ業務用か。一般向けとか他のキャリアとか広がるんでしょうか。

まあ、インフラの普及と同時にいかないとねえ。ユビキタスIDは商売と密接に関わってくるから売り方が難しいですな。ともかく端末がないことにはねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/07

三橋貴明ダイジェスト(笑)

大相撲も生中継中止のようだし(^^;)、事実上解禁みたいなので
選挙前三橋貴明ダイジェストをお送りします。

とりあえず、投票するしないは別として、参議院の比例代表は
『候補者の名前を書く』と言うシステムですのでお忘れなく。

政党別に候補者各人の得票+党名での得票を集計して、全体
で議席の配分を決めて、党別に割り振られた議席を得票の多い
候補者から割り振るというシステムになっております。
-------------------------------------------------
★三橋貴明って、どんな政策?
 【三橋貴明】日本を変える5つの指針[桜H22/4 /27]
 http://www.youtube.com/watch?v=QZAGti4oquw

 ★児童ポルノ法案に反対
 20100623 理香ちゃんインタヴュー 児ポ法
 http://www.youtube.com/watch?v=0f9QQ5RPSTI

 ★麻生閣下となかよし
 2010.06.28【参院選】秋葉原駅前で街頭演説【三橋貴明】
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm11229242

 ★人権侵害救済法案に反対
20100623 理香ちゃんインタヴュー 人権侵害救済法案
 http://www.youtube.com/watch?v=FiCiUFc4HtU

 ★偏向報道のマスコミはキライ
 20100623 理香ちゃんインタヴュー マスコミ問題
 http://www.youtube.com/watch?v=--I2q9FhYVQ

 ★三橋貴明って、どんな奴?
 三橋貴明さんプロフィール動画
 http://www.nicovideo.jp/watch/1277292750

 ★ガノタ
 ぼくらの代弁者(Youtube版)
 http://www.youtube.com/watch?v=zhinD6Mksqs
 ぼくらの代弁者 三橋貴明(ニコニコ動画)
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm11285037
-------------------------------------------
良くも悪くもマイペース、党議拘束とか知らない、それ食べられるの?
という奴だと思います。(笑)

静香ちゃんよりまともで、国会に放っておくと貴重な情報源として
役に立つと思われます。ネラーの行動が縛れるかどうか面白い
実験だと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/07/05

それなんて「TAD」

まあ、著作権よりは工業所有権のほうがいいんじゃないかと昔から思ってはいるけど>プログラム。

JISマーク付きのAPIって感じっすか?
デジュア・スタンダードって結局このへんに行き着くのか、単なるバザールでござーるから国家社会主義への移行なのかは、よくわかんないケド。

文字コードだけJISってのも変といえば変だわね。俺が変なのか?

http://slashdot.jp/it/10/07/05/0112223.shtml
欧州委員会、「互換性義務法案」を検討中

欧州委員会は、IT 分野の各有力企業に「互換性情報の提供を義務付ける」法案を検討しているとのこと。
欧州委員会の副委員長であり競争政策担当委員も務めるネーリー・クルス氏が提唱しているこの法案は、現在は公開されていないようなインターフェイスやデータフォーマットなどの情報のライセンス供与を企業に義務付けるものである。 Microsoft や Apple、IBM、また Intel といった市場を支配しているような大企業だけでなく、全ての「有力企業」に適用されるという。

#腹イテー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/02

イベント案内(無料)

心持表現に規制を掛けてみました(笑)

7月4日
12:30~ 渋谷ハチ公前(○○総裁・東○ゆ○子)
13:20~ 新宿西口 小田急前(○○総裁・○海○き○)
15:00~ 銀座三越前(○○総裁・中○雅○)

ちょっとシャイなんで、ビラ撒いてたりはしないと思います(^^;)
というか体力的に無理。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/01

ワープロ以前

職場の書類整理をしていたら、奥のほうから超大昔の書類の箱が出てきた。

書類をワープロで作成するのが主流になったのは、どうも昭和から平成に変わるあたりのようだった。
なんでかなーと思ったら、確かその辺で卓上で使えるワープロが一気に普及したっけなと思い当たった。

当時、15~20万円ぐらいしたよなあ。ただのワープロ+感熱紙プリンタが付いているだけなのに。
10何社参入してたけど、各社ワープロごとにデータフォーマットが違ってるんだからなあ。ポメラどころか、ガラパゴスってレベルじゃねーぞ。まだ15年ぐらい前の話なんだけどなあ。

昭和50年代だと、思い切り手書きの書類が主流である。

このあたりだとまだ就職してなかったから、よくはわからないけど、ミスノンで修正して、コピーしてるんだよなあ。
下手すると、青焼きの文書コピーとかあるし。

書類の催促が来ると、今郵便で送りましたとか言い訳したり、ファックスで送ったりしてたのになあ。
メールなんか嫌いだ。ないと困るようになったのがなお困ったりするが。

ということをしていたら、ワープロ専用機ってなんですかとか、若いもんに真顔で聞かれた。

昭和は遠くなりにけり。

ガリ版用の5ミリ角の原稿用紙で文書書いていたなんて言ったら、人間扱いされなさそうだったので、曖昧に笑ってごまかすしかなかった。キーボードで文字入力できるのは理系の人の特技だとか、ずっと思っていたとか言ったら変人扱いされそうな気がした。

ワープロならいくらでも書き直しが出来るから、原稿用紙の切り張りとかしなくていいんだとか、感動していたのが冗談だと思われそうだよなあ。
デジタルネイティブの子供の人にはどう思われるんだろうか。まあ、いっか。
ちなみに、このころワープロで作ったデータ(フロッピー)を再現することはかなり難しい。
データコンバーターはあるけど、もうフロッピーが読めないとか死んでるとか必要がそもそも無いとかといった感じである。

#俺はこのころのアニメとか全然知らないんだよな。フィクションって残酷かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »