« 実物大ガンダム 静岡で再び大地に立つ | トップページ | 電子書籍リーダーと読者のプライバシー »

2009/12/29

清々と 1 谷川史子

ユビキタス?何それ?師走は忙しいの。

谷川史子、ヤングキングアワーズからの第2弾。
前回の「くらしのいずみ」は谷川史子で青年誌?という意外さと、そのとりつきやすさに驚いたものだったが、今回は女子校もの。

いきなり「青い花」ですか、マリみてですかと。
なんか、エロティクス・エフの青い花アニメ化号にイラスト寄稿してたのは、こういうことだったですかと思いましたよ。

しかも、嬉しいことに第1巻。久しぶりの連続もの。
正直、短期集中読み切りの人になってしまったのかと残念に思っている部分もあったので、これはよかった。

今回もヒロインは黒髪。わっほい。

しかし、恒例の後書きマンガで黒髪なことに喜んでいることに冷や水を浴びせられたような気もする。でもいいもん。俺は普通の男だってことだもん。
マジョリティですの。

中身的には、どっちかというといつものコメディア・デラルテ構成だけど、舞台が女子校で一貫しているというところ珍しい。こういうシバリなら長編が描けるわけなのかしら。
まあ、もともと学生もの描いてたんだから昔打った篠塚ということなのかも。

「積極」以降の谷川史子趣味てんこ盛りといった展開で、いい雰囲気。「センセイの鞄」ですかと。

このあいだの「P.S.アイラブユー」も良かったし、リリースのペースも絵もそれなりに安定してきたみたいで安心して読める気がする。

男性向けの企業努力(笑)と言うのが読みやすさの原因かなあ。でも、男の子向けマンガも読んで育ったはずだから、そちらの素養も随分使ってるんだろうとは思う。
そんなに媚びて無理してるような風には感じないし。

というか、男が主人公の方がかえって語りやすいんじゃないのかなあ、と感じたりもする。作品の枠が破綻しないように客観的なストップが自分の中でかけられるからじゃないかと思ったりする。女の人が主人公だと、感情表現が過剰になりがちなような……。

いつか、カッとんだ設定の連載マンガにも再挑戦してほしいような、そうでもないような。

ともあれ、少年画報社もがんばってほしいものだと思う。

|

« 実物大ガンダム 静岡で再び大地に立つ | トップページ | 電子書籍リーダーと読者のプライバシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/47147001

この記事へのトラックバック一覧です: 清々と 1 谷川史子:

« 実物大ガンダム 静岡で再び大地に立つ | トップページ | 電子書籍リーダーと読者のプライバシー »