« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/30

電子書籍リーダーと読者のプライバシー

電子書籍リーダーですか。まあ、日本語が読めるようになってから考えるわ、って気分です。

個人的には、短くてサクッと読みとばす週刊誌とかビジネス本や新書だのラノベなんかはこれで配布してもいいんじゃないかという気はするんだけども。

http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20091229
マガジン航に「プライバシーに関する電子書籍バイヤーズガイド」を公開しました。Ed Bayley の文章の日本語訳です。

プライバシーに関する電子書籍バイヤーズガイド
http://www.dotbook.jp/magazine-k/an_e-book_buyers_guide_to_privacy/

んー、ソニーがリブリエ出した時に書いたこと以上のことは特に書くことないんだけど、キンドルで電子書籍買って読むと、アマゾンに色々ダダ漏れになるかもね、って感じはなんとなくするな。

アマゾンのお勧めリストのダダ漏れの話もあった様な気がするし。


まあ、ネットで本買った事ないからよくわかんない話ではあるけども。普及したらまた別途考える方向で。

#オマケ;クリスマスとかはよくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

清々と 1 谷川史子

ユビキタス?何それ?師走は忙しいの。

谷川史子、ヤングキングアワーズからの第2弾。
前回の「くらしのいずみ」は谷川史子で青年誌?という意外さと、そのとりつきやすさに驚いたものだったが、今回は女子校もの。

いきなり「青い花」ですか、マリみてですかと。
なんか、エロティクス・エフの青い花アニメ化号にイラスト寄稿してたのは、こういうことだったですかと思いましたよ。

しかも、嬉しいことに第1巻。久しぶりの連続もの。
正直、短期集中読み切りの人になってしまったのかと残念に思っている部分もあったので、これはよかった。

今回もヒロインは黒髪。わっほい。

しかし、恒例の後書きマンガで黒髪なことに喜んでいることに冷や水を浴びせられたような気もする。でもいいもん。俺は普通の男だってことだもん。
マジョリティですの。

中身的には、どっちかというといつものコメディア・デラルテ構成だけど、舞台が女子校で一貫しているというところ珍しい。こういうシバリなら長編が描けるわけなのかしら。
まあ、もともと学生もの描いてたんだから昔打った篠塚ということなのかも。

「積極」以降の谷川史子趣味てんこ盛りといった展開で、いい雰囲気。「センセイの鞄」ですかと。

このあいだの「P.S.アイラブユー」も良かったし、リリースのペースも絵もそれなりに安定してきたみたいで安心して読める気がする。

男性向けの企業努力(笑)と言うのが読みやすさの原因かなあ。でも、男の子向けマンガも読んで育ったはずだから、そちらの素養も随分使ってるんだろうとは思う。
そんなに媚びて無理してるような風には感じないし。

というか、男が主人公の方がかえって語りやすいんじゃないのかなあ、と感じたりもする。作品の枠が破綻しないように客観的なストップが自分の中でかけられるからじゃないかと思ったりする。女の人が主人公だと、感情表現が過剰になりがちなような……。

いつか、カッとんだ設定の連載マンガにも再挑戦してほしいような、そうでもないような。

ともあれ、少年画報社もがんばってほしいものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/23

実物大ガンダム 静岡で再び大地に立つ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0912/23/news003.html
実物大ガンダム 静岡で再び大地に立つ

今夏、お台場に展示された実物大ガンダムが来年7月、JR東静岡駅前に移設されることが分かった。

平成22年7月~23年5月まで展示され、その後はいったん他県で展示した後、さらに、近くの「バンダイホビーセンター」(同区長沼)敷地内に移設される計画。

東静岡なんてグランシップしかないから丁度いいかもナ。
昔、千葉の松戸にあった実物大ガンダムの胸像ってどこにいったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/10

事前に自民党はこの状況を看破して国民に警告していた

どっちもどっちなんだが、とりあえず今見ると面白すぎる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »