« GMとセグウェイが共同開発した恐怖の二輪車「P.U.M.A.」 | トップページ | ユビキタス東京オリンピック »

2009/04/12

戦略的OSの開発失敗

http://satoshi.blogs.com/life/2009/04/history-of-os.html
「戦略的OS」の開発がことごとく失敗している点に関する一考察

このあたりの方がBTRONについて少しく語ると反応あるなあ。

まあ、マルティクスだってフューチャーシステムだってうまくいかなかったんだし。
伝統芸みたいなもんですな。AS/400だのOS/360だのが例外なんだろうな。

スクリプトXとか、Work,Place,Occationとか色々PowerPCPlatform関連ではいい夢見させてもらったけど、どれひとつうまくいかなかったし。

Appleを買収する直前まで行ったSunがIBMと買うだ買われるだとかやってるあたり、業界メロドラマって10年ごとに再燃するんだなあと思いました。

今だと、クラウド関連がその辺かな。まあ、クラウドはマルティクスとさほど変わらない運命をたどると思っているけど。特に稼働環境の維持とデータバスの整合を取るのは難しかろうとは思う。

WinFXは再挑戦して欲しいけどなあ。そうすれば、ウィンドウズがBTRONみたいに使えそうな気がするけど。
でも、もうパソコンとか鈍重で汎用的すぎて正直うっとおしいので、パソコンというのは淘汰されてくれてもいいんじゃないのかと。

|

« GMとセグウェイが共同開発した恐怖の二輪車「P.U.M.A.」 | トップページ | ユビキタス東京オリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦略的OSの開発失敗:

« GMとセグウェイが共同開発した恐怖の二輪車「P.U.M.A.」 | トップページ | ユビキタス東京オリンピック »