« 謹賀新年2009 | トップページ | Car As A ’Service’:無料化する自動車? »

2009/01/04

ケヴィン・ケリー エッセイの翻訳

http://memo7.sblo.jp/
七左衛門のメモ帳

http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20081230
はてなブックマークで振り返るYAMDAS Projectの2008年
経由。

メディア・ラボの紹介本書いた人かなーと思ったんだけど、それはスチュワート・ブランドの間違いだったか。
まあ、どっちみちホールアースカタログというかバックミンスター・フラー繋がりだよな、ってことで。
誰か、ジョブズとフラーの繋がりみたいなもの書いてくれないかな。なんか、既にありそうな気もするけど。

英語を気合で無理矢理読むと疲れるうえに解ったような感じがしないから、日本語で読めるのはありがたいですね。

http://memo7.sblo.jp/article/24084270.html
「技術は無料になりたがる」
 なんてのは、昔、坂村先生がコンピュータは限りなくタダに近づく、なんて言ったことに繋がるような。

http://memo7.sblo.jp/article/12121626.html
「無料より優れたもの」
が人気一番みたいですね。確かに面白いかも。

http://memo7.sblo.jp/article/24249900.html
「保管とは移動すること」
ってあるけど、こないだの日経新聞の記事で、ハードディスクの移動でバックアップ路線にも限界が見えてきたって書いてあったしなあ。頑張れアーキビスト?

http://memo7.sblo.jp/article/12799892.html
「千人の忠実なファン」

なんか、どこぞのマイナーOS界隈のことを言われているような……。私はそこまで付き合いよくないけども。

http://memo7.sblo.jp/article/14657309.html
「忠実なファンの支援による生計の実態」

一度、測定結果とか出してみたほうがいいんじゃないのかしら?

と、まあ他人の褌で勝負する私でした。そんな感じ。

オマケ:BTRONはどうなってるんですかね。

|

« 謹賀新年2009 | トップページ | Car As A ’Service’:無料化する自動車? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケヴィン・ケリー エッセイの翻訳:

« 謹賀新年2009 | トップページ | Car As A ’Service’:無料化する自動車? »