« ソーシャルセキュリティーナンバーにユビキタスIDを? | トップページ | ケヴィン・ケリー エッセイの翻訳 »

2009/01/01

謹賀新年2009

今年はいよいよ脱パソコンの年になるのでしょうか。

パソコンが面倒くさい汎用機というか万能機であるばっかりに、コンピュータと通信のご利益の入り口にさえ立てない人がたくさんいるのはどうなのかなあと思います。

コンピュータのご利益がもう少し上手く伝わる世の中になるといいのですけど。ユビキタスってそういうことですよね。

本年もよろしくお願いします。

ちょっと前にhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50873486.html
インターネットは誰のものか/谷脇康彦
でまとめられていた今後のインターネットの続きの話だけれど、

IPV6はIPV4が枯渇するまでに普及が間に合わないからNATでお茶を濁せるところは濁しておこうとか、

動画サイトを夜遅くに暇つぶしで見すぎだろお前らとか、

つーか、ISPの収益構造は差別化できないから、特に地方系のISPとかもう何時突然何の予告もなしに潰れてもおかしくないところが多くね?とか、

ソフトバンクでさえ自前の光ファイバ回線に投資できないんだから、NGNに対応っていうと特に料金的な部分でどう対応させるのかね?とかってことが書いてある感じ。
#どうでもいいけど、トラフィックをトラヒックって書くのは何となく止めてほしい気がする。

まあ、現状その通りだと思うんだけど、マスコミはマスコミでネットと広告氷河期で危ないかもしれないが、ネットはネットで業界ごとあぶなさそうね。ニフティなんかも大丈夫かしら?メールアドレス変えるの面倒だしなあ。

やっぱりNTTが次世代インターネット独占にもどるんかねえ?それなんてポケベル?PHS?
インターネットも所詮通信事業なんだから、これもまた来た道だ、とかっていうのも正月早々夢のない話だねえ。しかし、あんまり落としどころがなさそうではある。インフラはタダじゃないからなあ。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/081225_21.html
「インターネット政策懇談会」報告書素案の公表及び本案に対する意見の募集

http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/pdf/081225_21_bs3.pdf 別紙3(PDF)
「インターネット政策懇談会」報告書素案

http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/pdf/081225_21_bs4.pdf 別紙4(PDF)  
参考資料

|

« ソーシャルセキュリティーナンバーにユビキタスIDを? | トップページ | ケヴィン・ケリー エッセイの翻訳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年2009:

« ソーシャルセキュリティーナンバーにユビキタスIDを? | トップページ | ケヴィン・ケリー エッセイの翻訳 »