« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/30

ソーシャルセキュリティーナンバーにユビキタスIDを?

年も押し詰まった2008年12月30日(火)日本経済新聞19面の経済教室。
執筆者がトロン方面ではおなじみの須藤修氏と富士通の秋草直之氏。

ネタがなんと国民本位の電子行政 共通コード導入検討急げ ですな。

TRON方面用語でざっくり言うと、ソーシャルセキュリティーナンバーにユビキタスIDを、氏名表示にTRONコードをって感じですな。そんな直接は書いてないけどさあ。一応ココのサイトはそういう風に脳内変換するのが芸風ということで。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/nextg/index.html
次世代電子行政サービス基盤等検討プロジェクトチーム

須藤修氏構成員だし。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/nextg/pdf/granddesign.pdf (PDF)
次世代電子行政サービス(eワンストップサービス)の実現に向けたグランドデザイン

結構マトモに最初の段階からエンタープライズ・アーキテクチャ(EA)を適用して分析・構築してありますねえ。金かかってるなあ、たぶん。

・バックオフィス連携
・標準化(データ,API等)
・認証・署名
・窓口(ポータル)

の4要素が行政のワンストップサービスとして重要だとしてるけど、現状マイクロソフトとか一太郎とかのファイルが省庁毎にバラバラで連携が取れていないような。ついでにプロプラエタリなファイルフォーマットを公文書(ダウンロード用の申請書とか)として疑問なく取り扱ってるのもある意味どうかと。

調達方針ではその辺改めようという気分は感じますが、実務レベルまではどうなのかしら。

TADのないBTRONに意味がないように、バックオフィス連携のためには標準化(データ,API等)が必要なわけで。
TRON的に見ると、ユビキタスTADとユビキタス・プラットフォームあたりに関連することかな。

会津若松市はその辺をオープンオフィスというかODFに求めている最中ともいえる。現場が上手く行ってるかどうかは見に行ったわけじゃないから知らないけど。
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/ja/shisei/torikumi/ooo/index.htm
オープンオフィスとODF形式文書を導入しています


認証・署名にユビキタスIDをって、このサイトの方向性からあえてそう読んでおきます。そのための国際標準だろうし。

経団連的にもソーシャルセキュリティナンバーは導入の方向で、って感じですね。
納税者番号の時のアレからすると時代も変わったなって思います。

http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2008/082/index.html
実効的な電子行政の実現に向けた推進体制と法制度のあり方について

共通コードの導入 電子行政先進国で実現している効率的で利便性の高い行政サービスを実現するには、行政機関間のデータ連携が不可欠である。現状では、行政機関毎に異なる識別コードを個人・企業に割り振っているが、情報共有を図るためには、国民の合意の下で、行政機関を跨いで個人・企業を一意に特定できる共通コードを国が一元的に付与する必要がある。

ソーシャルセキュリティーナンバーの日本版ってのも、いい加減なんとかすべきだとは思うんだけどな。
運転免許証に代わりうる公的な身分証明書っていうのも必要なのは明らかだと思うし。

別に国民健康保険証でもパスポートでも悪くはないんだけどさ。

まあ、ここに書かれてることが実現したら、手続きだけがお仕事っていう公務員は随分と要らなくなるね。
捨てられるホワイトカラー [著]バーバラ・エーレンライクが日本でも、ってことなんですかね。

そういえばホワイトカラー・エグゼンプションってあったけど、ホワイトカラー抜きの社会を実現ってことなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/12/28

検索フレーズランキング

このサイトの一番左下に「検索フレーズランキング」ってコーナーがありますけど、どんなキーワードで検索されているかが垣間見えてなかなか面白いですね。

えふとろん-ブログに大家さんからお誘いをうけて早四年になりますけど、それなりに記事が溜まってきたんですねえ。検索フレーズランキングでたどれるリンクを見ると、妙にグーグルでのスコアが高いので色々申し訳ないような気がしてくるような。

立命館大学(私の母校)西尾信彦教授と系統図法には謝ったほうがいいんじゃないかと思わなくもありません。

今年は、ラスト3ヶ月で今までの金融的な裁定機会を最大化する方向で来たツケが、全部はじけたというエポックメイキングな年であったので、今後の見通しというのは来年中は暗いのではないかと思っています。

参考;日本経済新聞「経済教室」(2008年9月18日)慶應大:池尾和人教授『裁定業務の限界を超えよ』
http://d.hatena.ne.jp/domanisakai/20080922/1222050841 な感じの内容だったと思う。たしかに、直接金融がヤバイとなれば、間接金融にシフトするんだろうけど、銀行とか金融機関の方が危なかったりする今日この頃だしねえ……。

かといって、アービトラージ(裁定)からバリューアップへ、というような当然といえば当然な方向も正論ゆえに時間のかかる難しいことなのだと思います。どのような人工物(アーティファクト)へのバリューアップが今後の世界を良くしていくのかを、TRON的な視点だと私が思うところを通じて考えたいと思います。

それでは皆様良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/25

感じて光るジュエリー : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ

<一部抜粋>
PHILIPS と STELLA Project が共同でデザインしました。使ってるのは、伸縮するタイプの医療用電磁波基板ですね。ここに電源、センサー、差動装置、ディスプレイの全装備が入ってます。

なんかこれ、追求したくなる製品ですね。UNLでやったりはしないだろうな。(GTRONシリーズの番外編とか?(*゚▽゚)ノ

リンク: 感じて光るジュエリー : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/12/23

【正論】東京大学教授・坂村健 安全神話の崩れ去った跡に…

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/207126/
【正論】東京大学教授・坂村健 安全神話の崩れ去った跡に…

産経新聞ですね。

#関係ないけど、時期のものですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/21

TRONSHOW2009関係

「TRONSHOW2009」開催中~組込み技術者育成に必要なものは魅力と教育

YRPユビキタス研など、無線タグ用いた路面冠水感知システム開発

公式,NECEL,Renesas,PMC,F通

p.s.追加募集~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/13

BumpTop 3D Desktop Prototype

BumpTop 3D Desktop Prototype

出るべくして出たWIMPの次って感じだけど、メニューのジェスチャー式っていうのが、JW-CADまんまって感じ。

DOSの頃に開発されたCADのインターフェイスで、結構なれるのにしんどさを感じるけど、DOSからWIMPに移る時もマウスやオブジェクトを選択してコマンドの流れに馴れるまで苦労したしなあ。

スーパーマリオやドラゴンクエストの操作感がどのくらい凄いのかゲームやらない私には良くわかんないけど、SecondLifeの二の舞にならんといいね。タンジブルビットみたいに見えなくもないな。

しかし、アメリカビッグ3はどうなってしまうのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/10

NoTA

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081210_osnota/
携帯電話の開発コストを圧倒的に削減できる携帯電話向けOS「NoTA」が登場

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081210/321162/
ユビキタス・コンピューティングが持続可能な社会を実現する -- TRONの坂村教授

携帯電話用の基盤ソフト「NoTA」を,TRONプロジェクトが開発したリアルタイムOS「T-Kernel」上に実装するというもの。

携帯向けのミドルウェアってことですかね。

すでにGoogleが提供する無償の携帯電話用OS「Android」を採用した携帯電話「G1」の開発コストが圧倒的に安価であることが明らかになっていますが、「NoTA」を採用することで実際にどれだけ開発コストが抑えられるようになるのでしょうか。

グーグルフォン対抗ってこともあるのかねえ。ノキアといえばシンビアンですな。
http://www.atmarkit.co.jp/news/200807/16/symbian.html

あれ?超漢字は?というお約束はさておき、国内ガラパゴス方面の人たちとはどういう話になってるんですかね。
まあ、LTEベースの基盤なんだろうから、おいおい物が出てくるんでしょう。

よく内緒にできてたね。

12月11日(木)15:00 って何話すんだろう。とても気になるね。アクセスの携帯電話ミドルウェア構想ってどうなったんだろう。関係あるのかなあ。

「時代はオープン」【コーディネータ】坂村健

ここ最近、世界最大の携帯電話メーカーのNokiaがRTOS(Symbian)をオープン化したり、大手サーバメーカーのSunがSolaris OSをオープン化したりするなど、世の中はオープンアーキテクチャに向かっています。TRONプロジェクトはまさに30年前からオープンアーキテクチャを主張して活動しており、国際的に注目を浴びています。そこで前半は「オープンアーキテクチャ」に関して各分野での取り組みをご紹介いただき、後半は今後どのように展開していくかに関して議論します。 【パネリスト】阪本泰男(総務省大臣官房審議官)/春山真一郎(慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 教授)/郡山龍(株式会社アプリックス 代表取締役/藤井貴晴(ノキアリサーチセンター /ノキア・ジャパン株式会社) 【日英同時通訳】


国内キャリアは両にらみっすかね、例によって。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/10/21811.html
Android陣営にソフトバンクモバイルなど14社が新規加盟

日本の携帯電話会社としてはNTTドコモとKDDIがすでに加盟している。今回新たにソフトバンクモバイルが加盟したことにより、日本の携帯電話大手3社がすべてAndroid陣営に参加したことになる。

 なお、携帯端末世界最大手のNokiaや、米携帯電話事業者のVerizon、AT&Tなどは依然として加盟していない。

12月12日(金)13:00 のほうが直撃の内容なのか。

「NoTA:オープンデバイスアーキテクチャ」


坂村健/VTTフィンランド国立技術研究センター/ノキア/ユーシーテクノロジ株式会社/株式会社日立製作所中央研究所/三洋半導体株式会社/株式会社東芝/太陽誘電株式会社
NoTA(Network on Terminal Architecture)オープンデバイスアーキテクチャは、組込みシステムのためのモジュール式相互接続を核とし、モジュール間ネットワーク内でのサービス提供を基盤としたシステムアーキテクチャです。
本テクニカルセッションでは、トロンプロジェクトリーダーの坂村健によるオープニング“組込みシステムにおけるオープンアーキテクチャの重要性”に続き、NoTAコアテクノロジーのチュートリアルを行います。
次にNoTAの実装と応用に関して、NoTAのT-Kernelへの移植とucodeリーダアプリケーションへの適用、各社によるNoTAへの取り組みのご紹介、さらにはNoTAオープンコミュニティとエコシステムおよびNoTAを機器間通信に応用したSmartSpacesコンセプトのご紹介を行います。
【日英同時通訳】

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/12/08

事前予約は済みました?

既に半分近く埋まって来ていますので、御目当てのセッションが有る方は御早めに~。
TRONSHOW2009TEPS2009

今回は、場所も六本木の東京ミッドタウンですので、御間違え無く。

p.s.FTRONの忘年会は、12/14(日)18:00~新宿にて。
  参加申し込みはfolomyで、12/10まで受付中~。
  (判んなかったら、コメントなり基本掲示板へ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/07

落穂拾い

日経産業新聞と日経流通新聞は、日本経済新聞で取材した過程でマニアックすぎて本紙にはベタ記事にしか出来ないような内容をまとめてマニア向けの別紙にしたらいいんじゃね?ってことで出来たって聞いたような。

若者が減っていて、年寄りが増えてるのに若者向けマーケティングの道具になっている民放が地盤沈下していて、年寄り向けの番組が多いNHKに総負けっていうのも正直どうかと思うんだが。

俺としては、朝のニュースとクローズアップ現代とワールドビジネスサテライトととらドラ!ぐらいしか真面目に見るテレビがなかったりするが。

てゆうか、NHK-BSのネトスタがありえなさすぎるよな。
http://www.nhk.or.jp/netstar/

それにしてもテレビ東京系列はどこへ行ってしまうんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/06

侍っ子/関谷 ひさし

俺にとっての関谷 ひさしといえば、親戚の家でひたすら読みまくった「ストップ!にいちゃん」かなあ。 ストップ!!ひばりくん のタイトルの元ネタってどこかで聞いたような気がするけども。

それだって、すでに俺が生まれる前には連載が終っていたのであって。

多分、週刊誌のアシスタントを使って描くというのは性に合わなかった人なんじゃないんだろうか。
その後、メインストリームでは名前は上がって来なかったですね。確か。

1970年代にはいって劇画っぽくラフに描こうとした感じのリイドコミックに掲載された「空のシーザー」とかは絵がいまひとつだったような。ひょっとすると締め切りのせいなのかもしれないけど。

しかし、この本は時間や主題の制約を考えず、つまり発表を必ずしも前提としないで200ページ以上の原稿をひたすら緻密に仕上げている。しかも絵が上手くなってる。凄い。
正直、こんなことが可能なのだろうか。

4段組タチキリなしのスタイルは、却って今見ると新鮮ですらある。

いしかわじゅんと畑中純が巻末に解説を行っているが、俺の感想については特に付け加えることはない。
タツノコキャラへの影響といわれれば、確かにそうなのかも。

できれば、島本和彦と江口寿史の感想を聞いてみたいものだとは思う。

まったく、このような晩節を迎えることができるのであろうか。
そう思うだけで励まされる本である。

出版に尽力された各位に敬意を表したい。そんな一冊である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/02

ミシュラン・アクティブ・ホイール

これが未来のタイヤ、「ミシュラン・アクティブ・ホイール」
http://www.technobahn.com/news/2008/200812011813.html

ホイール部分には自動車駆動のための電気モーター、ブレーキ、アクティブ・サスペンションの全ての機構が組み込まれており、車体側は、あとは電力さえ供給すれさえすれば、自動車を駆動させるための全てのメカニズムを完結することができるという、優れもののシステムとなる。

昔GMがこういうコンセプトカー出してたよなあ。
車載動力用電池インフラが整うと、こういうのがありだよね。つーか、デフだロッドだ、ましてやエンジンだなんて要らないし。車が小さく広くなるねえ。もちろん操縦はバイワイヤ方式で。

すり合わせ産業の象徴と言われている自動車業界も、水平に移行するのかしら。
とりあえずガソリンがリッター120円と安くなってよかった今日この頃です。

まあ、来年新車に買い替えの時期だし。またトヨタのラウムにすると思うけどさー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/12/01

超漢字V on ネットブック

トロンショウで売ってみるとか。特別価格5万円とかで。最近超漢字載せたハードも売ってないような気がするし。

ソーテックの10インチのヤツが見た目はよさげなんだけど、ソーテックってところがなあ。オンキョーに買収されて少しは体質変わったのかな?
大昔はソーテックのノートに1Bのせて売ってたような気もするけど。

SSD標準ネイティブインストールで爆速起動で無線LANも標準対応で、実はT-Kernel SE for Atomだったりするとなお面白そうなそうでもないような。

そんな妄想企画乙な俺でした。どうせ行けないもん。ふーんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »