« ソフトバンクテレコムがフリーアドレス廃止らしい | トップページ | バウハウス・デッサウ展 »

2008/08/02

ジュリスト【特集】ユビキタス社会と法

http://www.yuhikaku.co.jp/jurist/

ジュリスト 2008.8.1-15号(No.1361)【特集】ユビキタス社会と法

◇「東京ユビキタス計画」の取組について●村尾公一/湯地敏史

実際にプロジェクトの現場を持っていると強いってのはこういうことかと思いますね。
現実にタグとかセンサーとかが道路構造物なのか、道路付属物なのかを体系づけていく必要性というのは、言われなくても分かる話なのかもしれないけど、やっぱり、現物を設置してみないとなんともいえないところだとも言えるしなぁ。

こういう法律の運用的な細かいところは、コンピューターのプロパーだけでは、何が問題なのか感知・検討さえされないんだろうな。実運用でコケないためにはこういう検証が後で効いてくるんだろうな。
そういう意味でも、「東京ユビキタス計画」のアドバンテージというのは大きいのかもしれない。

それ以外も、概論としての色々な話が幅広く揃っているので、結構参考になるところは多い特集だと思った。


 I 理論的検討
◇ユビキタス社会と法的課題――OECDのインターネット経済政策による補完●堀部政男
◇ユビキタスネット社会と情報通信法制●内藤茂雄
◇ユビキタス社会と通信・放送融合法制●音 好宏
◇電子政府・電子自治体――基盤整備に一定の成果,問われるユーザビリティ●廣瀬克哉
◇携帯電話フィルタリングをめぐる最近の動き●岡村信悟
◇ユビキタス社会における犯罪の現状と青少年の保護●前田雅英
◇ユビキタス社会と刑事実体法●佐久間 修
◇時代の流れと著作権法●上野達弘
◇ユビキタス社会と電子取引・電子金融取引●大垣尚司
◇電子マネーと法――電子マネーをめぐる法的現状と今後の課題について●杉浦宣彦
◇外国人投資家の議決権行使●弥永真生
◇ユビキタス社会と医療●中安一幸

 II ユビキタス社会への取組
◇ユビキタス社会における法務実務上の問題点――NTTドコモの取組●NTTドコモ法務部
◇日本の音楽配信について●佐藤亘宏
◇ユビキタス社会と電子カルテ●谷川榮一
◇ETC・ITSの現状と将来●有野充朗/中原正顕
◇「東京ユビキタス計画」の取組について●村尾公一/湯地敏史

|

« ソフトバンクテレコムがフリーアドレス廃止らしい | トップページ | バウハウス・デッサウ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/42042826

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリスト【特集】ユビキタス社会と法:

« ソフトバンクテレコムがフリーアドレス廃止らしい | トップページ | バウハウス・デッサウ展 »