« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/30

Wacom Cintiq

http://cintiq.jp/product/cintiq12.html

ちょっと店頭で触ってみた。結構いいなあ。

画面とペンというと、イマイチブレイクしないのは何故だ、なタブレットPCっぽい感じだなあ。
「タブレットPCのように持ち運びできる手軽な液晶ペンタブレットがほしい」と「Intuosの描画面が液晶になってたらいいな」っていうのは、うまい感想だ。

やっぱこれがBTRON的な感じだよなー。大分安くなったし、買ってもいいかなあ。

でも、21インチのが欲しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/28

スーパーカブ2.0

と言っても、映画:スーパーカブ 2/激闘篇のことではなく。

今年でスーパーカブ誕生50周年だとか。バイクに乗らなくなって随分になるな。

そろそろ、最新技術を尽くした次のニューモデルとかあってもいいんじゃないかなあ。


というのも、日経ビジネスで ホンダ(2輪事業)原油高、伏兵がアクセル全開

ってことで、タタ自動車よりバイクじゃね?という話もあったりと。

たしかに、ビッグスクーターなら乗ってもいいかなと思うけど。
屋根付き3輪、荷物載せて、ヘルメットなし、車検なし、楕円ピストン空冷4スト単気筒で30万円弱で125ccか250ccとかだったら欲しいかも。

BMW以外作らんかなあ。ジャイロXの屋根付きとかキャビーナとかあるんだから、なんとかならんもんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/25

崖の上のポニョ

http://www.ghibli.jp/ponyo/

どうでもよい感想など。

ま、アンデルセンの人魚姫の翻案ということで。トトロ系ですな。しかし良く動くなあ。

しかし、どう考えても水の中を手描きでやろうと考えるところが狂っている。どんだけ手間がかかるのかと。
ファインディング・ニモだってあそこまでやってないんじゃないかと。

背景がパステル画オンリーというのも、どういうノウハウで確立したんだか。
魚のモブとか数が多すぎる。頭がおかしい。光の複雑な反射とかどうやってるのか見当付かない。

あと、フジモト夫と妻のキャラクター造形がどうみても虫プロなんだけど、虫プロチックなだけに宮崎キャラの中に入ると凄い違和感を感じる。フジモト妻の髪の動きとかベラドンナかと思った。ベラドンナ真面目に見たことないけど。

フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダールの共同監督の短編「水の話」を少しだけ思い出した。

後半、話の筋がグダグダなのと、その割に童話なんだから変に理屈を付けなくても良かったんじゃないかなとは思った。

そんなグダグダな感想の俺。

さて、来月はスカイクロラだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/24

それは、何時か見た

[住まいの未来](1)血圧・体脂肪 トイレで測る
[住まいの未来](2)家事・防犯…ロボ自在
---
 「動くワゴン」の正体はロボットだった。床下に埋め込んだICタグ(電子標識)とGPS(全地球測位システム)で、自分の位置を確認しながら室内を自在に移動する。

 自然に動いたように見えた間仕切りもコンピューターが制御する。食事をするのか眠るのか、使い方に合わせて部屋のかたちと間取りが変えられる。
---
 「雨が降り出せば窓を閉め、朝がくるとカーテンを開けてくれる。家自体が周りの状況を認識して最適な環境をつくるようになる」

 コンピューターの基本ソフト「トロン」の開発で知られる坂村健・東大教授は、近未来の住宅の姿をこう予測している。
---
それ、G-cube/house(^^;

p.s.更に、WABOTって聞いてビックリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディスクシュレッダー3

http://www.disksh.com/press/ds3.html
シリアルATAなど対応機種を拡大した「ディスクシュレッダー3」を発売開始

結構、見かけるんだよな、ディスクシュレッダー使ってるの。実は一番売れているBTRON応用製品だったりして。
しかし、それが事実だったりするとそれはそれでアレだが。

と思ってたら、T-Kernel応用製品って表記に変わってるのね。少し驚いた。

本製品では組込み向けリアルタイムOS「PMC T-Kernel/x86」を使用しています。

それよか、PMC人事にはもっと驚いたけれども。いつ変わったの?

代表取締役:松為彰

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/22

Google製シリアライズツール「Protocol Buffer」

http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/07/18/protocolbuffer/index.html
XMLはもう不要!? Google製シリアライズツール「Protocol Buffer」

よくわかんないけど、ユビキタスTADはXMLじゃなくてやっぱりバイナリの方がスタティックな構造化データの管理にむいているってことなのかしら。

文章自体おかしいのをごまかすための動画貼り付け:

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/21

自動車からの脱却

日経エレクトロニクス2008年7月14日号
特集 自動車からの脱却
が非常に興味深い。

自動車のコンピューター化・ロボット化・アイボ化はつとに言われてきたことだけど、ここのところの内燃機関を止めて、タイヤにモーター直付けでやっちまおうゼ的展開がGMとかのフカシのコンセプトモデルじゃなくて電気屋さん以外の方面もマジで考えてる風味なのがやはり驚きである。

そーすると、すり合わせの必要となるメカトロ部分がゴソっと減って自動車も水平統合で新規参入の嵐だぜ!

てな風になるんですかね。無理かなー。

まあ、目的地に移動するためのサービスというところまで抱合するなら、情報サービスとレンタカーというかカーシェアリング的なユビキタス移動アーキテクチャという感じではある。

昔、50ccの原付にFRPの風防をつけたコミュニティーカーというのがあって、現在も規格だけは細々と絶賛飼い殺し中だけど、エンジンが250ccぐらいで一人乗りで前2輪後ろ一輪みたいなハインケルだかイセッタだかミゼットだかスズキ・ツインみたいな電動カーで十分だけどな。普段は。

自動車もUMPCな時代に突入中?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/20

ASUS Eee PC 901「3G」

田舎なので、店頭展示しかないのよね、ASUS Eee PC 901。

ということで見てきたんだけど、これは売れるわ。スターオフィス標準装備で日常使用も、もはや問題ないっしょ。
ドローソフトやPDF書き出しがついてる分、MS-OFFICE XPあたりのスタンダードよりいいかもしれん。

http://japanese.engadget.com/2008/07/04/eee-pc-3g/
Eee PC 3Gは9月末にも登場

まあ、3Gが日本でどうなるかだけど、イーモバイルは同時契約で1万3千円とか言ってるし、701については同時契約で100円だし。時間の問題かも。パケット無制限インフラかWifi網を税金投入で構築か?

日本メーカーどうすんのかなー。俺としてはDOSモバギ的筐体カムバックなんだが……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/19

「TransferJet」コンソーシアム

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/18/news010.html
かざして転送「TransferJet」コンソーシアムが発足

http://www.transferjet.org/index.html

かざすとファイル転送ね。なかなか良さそうなインターフェイスだと思う。

昔、Pick&Dropとかいう概念を提唱してた人がいたなあ。
端末から端末に転送するインターフェイスはそろそろ何とかもっと分かりやすいものが出てきて欲しい。

メモリースティックでやりとりとか、メールでやり取りとか、FTPでやり取りとか、面倒だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/16

時代の風

http://para-site.net/up/data/20635.png
毎日新聞「時代の風」 7/13(日) 坂村健 東京大教授

(画像最大化するとはっきり読めます)
http://www.mainichi.co.jp/universalon/clipping/200807/237.html

この日に毎日新聞にこの内容で寄稿って坂村先生空気読みすぎ(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/15

BTRON FOR スマートホン

WillcomのD4見てると俺の欲しかったTiPOの筐体という感じがする。ちょっと重いけどな。
ということで、パソコンOSよりかは、まだ面白みのでてきたスマートフォンのOSにBTRONはどうかと。

ATOMで動くだろうし、ARMでも多分動くよね。

とかなんとか言いつつ、実際はPIMの出来が勝負を決めてしまうんだろうな。
パソコン時代はオフィスソフトで勝負が決まって一気に事務機器としてクソ面白くもなくなったんだが、スマートフォンはPIMの出来が決めそうに思う。

BTRONがスマートフォンOSとして優位な点というと、絵文字がネイティブで出せることぐらいか?
デコメ一つ一つに文字コードと謝罪を要求するとかどうするんだろうな。

あとはベースバンド部分はITRONだから、カーネル共用しやすいような……。誤解っすか?

結局、TiPOにグッドなPIMが出てこなかったのが残念だったのか。
でも、μPIMという素体のような素晴らしいプロトタイプがあるんだから、何とかならんかねえ。
アクセスがパームソース買ったんだから、パームのPIM移植……無理だよなあ。

あとは、ユビキタスTADとクラシックTADのuCODEで実身/仮身が混ざり合うネット接続世界はBBBのフルスペック版で是非お願いしたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/11

アイホン

一応見てきたけど、繋がりっぱなしじゃないとあまり意味がなさそうな端末な感じ。

タッチパネルも反応があまり良くない感じ。

出先のブラウズ端末かなあ。半年放置してまた今度という感じかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

ゲイツ×ジョブズ

マイクロソフトがヤフーを買収とか言ってるより、アップル買収すればいいのに。

なんだかんだ言って社風も事業内容も似てるんだし。
そろそろ、MSが買収してもいいんじゃないのかしら、Apple。

って高城剛が言ってた(ことにしよう)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/05

カード型データベースソフト

その昔のDOSの頃は、ビジネスソフト3種の神器といえば、ワープロ、表計算、そしてデータベースソフトだった。
今はワード、エクセル、パワーポイントでアクセスは入ってこない。

でも、ロータスのオフィス・スイートにはアプローチは入ってるし、フリーランスも、ワードプロも、もちろん123も入っている。ロータス・シンフォニーにはDBはないみたいなのでそれが悲しい。

別に、エクセルのデータベース機能でも十分すぎるほど役に立つんだけど、やはり簡単なカード型DB機能があればなあと思う。やっぱり、アクセスは失敗だったんじゃないかなあ。

あのとき、アスキーのザ・カードかなんかにしていれば、もう少し違ったんじゃないかなあ。

ファイルメーカーはとても使いやすいDBソフトだけど、やっぱりウインドウズというかMS-OFFICEと家風が違うし。
簡単に使えるデータベースソフトがないことで、時間と労力とコンピュータの性能をドブに捨てているのが悲しいなあ。

そう思いませんかね。ハイパーテキストで実身/仮身が普通に使えないのも悲しいけどさ。
最近のパワーポイント禁止だ無用論だを聞くと余計に空しさが募るのでした。

後編に続く:

カード型データベースソフトの復権を熱烈希望する感じ
http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2009/01/post-1731.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »