« 人権擁護法案 | トップページ | やさしい経済学 デジタル文明の行方 »

2008/02/03

米Yahoo! + Microsoft

Google追撃どうこうという意図が明白なのは明白なんだと思うけど、日本ではまだまだヤフーのほうが強いんだし、マイクロソフトのOSが一朝一夕になくなるとも思えない。

確かに、ネット経由のアプリケーションとかSaaSというか、ユーティリティ・コンピューティングが中期的に大きなトレンドになるだろうとは思うけれども、まだまだ仮想化のオーバーヘッドとか、OSやブラウザからの仮想化の中途半端さがそれなりに障害になっているのは否めないだろう。

ヤフーとMSの社風が違うとか、そろそろヤフーも売り逃げたいという感じかもしれないが、グーグルが絶対的な優位を継続できるかつーと、それはどうかなーと思わなくもない。
少なくとも、余りにも広告に依存しているようなビジネスモデルというのは、それなりに不健全だと思うぞ。

ま、どっちもすぐに消えてなくなることはないと思うが、メリルリンチがシティグループに身売りするだのとかまことしやかに言われてる昨今だと、それもないとはいえないことかもなあ。

それにしても、坂村先生のやさしい経済学の話の展開は、ベルグソンか何かの哲学講話を聞いているようでもある。オントロジーとかユビキタスとかそもそもが神学や哲学の領域のボキャブラリーだったんだから、必然といえば必然か。その内、西田幾多郎とTRONみたいな話もでてくるのかもー。

|

« 人権擁護法案 | トップページ | やさしい経済学 デジタル文明の行方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米Yahoo! + Microsoft:

» マイクロソフトがYahooを買収? [儲かるシミュレーション]
米マイクロソフトは、MSNというポータルサイトがあるのにYahooが欲しいんですね。検索サイトは、Googleとシェアを奪い合いつつあります。Google、Yahooともに、2007年は減益で売られているので、買収にはちょうどいい時期なのかもしれません。YouTubeがいつの間にかGoogleの中にあったりと、ネットサービスがどんどん大きい資本に飲まれていくのを見るのは、あまり面白くないですね。買収後にいつも使ってい�... [続きを読む]

受信: 2008/02/04 00:02

« 人権擁護法案 | トップページ | やさしい経済学 デジタル文明の行方 »