« 家電革命 トロンの衝撃 | トップページ | 逃避の日々 »

2007/09/18

新聞没落


http://dw.diamond.ne.jp/index.shtml
経済雑誌の東スポ、週刊ダイヤモンド(9月22日号)での特集。

まあ、何年も前から言ってたことが、そろそろ表に数字となって出てきたかなと。アメリカよりマシなのか、もっと病状が深刻なのか。


とか言ってたら。

http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-27933120070918
ニューヨーク・タイムズ、電子版の有料サービス廃止へ
 だって。

アメリカの新聞オワタ?ばらのつぼみ?

http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2006/06/post_341f.html
三行広告ビジネスモデル
でも少しその辺には触れたけども。

ロイターと共同通信から記事買って乗せてるだけって部分も大きいからなあ。

官庁関係のニュースは、省庁の出している一次資料にあたるための入り口程度にしか思ってないし。

記事を読む限りではそろそろ紙だけにも頼れないわなって感じはする。

朝、新聞読むときは内容の見出しは半分以上知ってるし、ニュー速とかのノイズだか素人論評だかも見ることはあるし。
しかし、ネットのニュースは全部並列で出るから、記事の重み付けがよく分からんのよね。

あと、一次情報としての取材をしてるのはやっぱり新聞のような気がするしなあ。どっかの市民ニュースサイトもどうなったんだべ。アマチュア記者を過剰に崇拝するのもひとつのカルトだよなあ。


とりあえず、ざらっと読むにはまだまだ便利なメディアだとは思う。
ウェブだと斜め読みできるのは見出しだけだし。すぐ消えるし。テレビのニュースショーよりは静かだし。

そんなことより、こんな記事書いてる経済週刊雑誌の存在もそれなりに危なくないのかと。
特に(日本の)エコノミストとかは、最近立ち読みする気も起こらないぞ。
かといって、不安をあおるだけのようなイエロージャーナリズム的煽りばっかりの東洋経済とかダイヤモンドとかも正直どうなのかとも思う。

かといって経済セミナーとかじゃねえ。

という、新聞読むほうの年寄りの愚痴でした。

そーいえば、ハーバート・サイモンが自伝で新聞読むのは学者人生の無駄とか言ってたなあ。
学者じゃないし、俺。

|

« 家電革命 トロンの衝撃 | トップページ | 逃避の日々 »

コメント

そういえば数日前に、日経と朝日と読売が販売店の統合を画策しているとか言う記事があったね(ネットで(^^;)

産経と毎日をハブにして時間稼ぎするんじゃないの?とかいう論評だったけど。

言論が何たら言うのなら、全紙を取り扱う販売店チェーンでも作るとかできないのかねぇ。J:COMみたいなんでもいいんだけど。(ボランタリーチェーンとかなんでもできるだろう)

投稿: リチャード・王 | 2007/09/29 11:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/16492603

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞没落:

« 家電革命 トロンの衝撃 | トップページ | 逃避の日々 »