« PCメール文化とケータイメール文化の衝突 | トップページ | 日本メイド協会 »

2007/04/21

ユビキタス特区

まあ、流石にこれは直接関係ある話だろう。いくらなんでも。話がでかすぎてイマイチ現実味が無い。総務省主導というところが余計に。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/01/23/14542.html
国際競争力強化に向け「ユビキタス特区」の創設などを要望、総務省の懇談会

http://www.dempa-times.co.jp/gyousei0702.html
総務省 ICT国際競争力強化プログラムの策定・実施を


http://www.asahi.com/national/update/0420/TKY200704200224.html
ICタグ情報読み取る携帯 総務省が開発支援へ

スーパーで食品に携帯電話をかざすと産地や栄養成分、流通経路がすぐに表示される。そんなサービスが3年程度で実現しそうだ。

物流管理用に普及してきたICタグ(電子荷札)の情報を読み取れる携帯電話を世界に先駆けて開発する支援に、総務省が乗り出す。

来年度予算に数億円の研究開発費を計上して産官学共同の開発を推進。新設予定の特区で実験も進める。

|

« PCメール文化とケータイメール文化の衝突 | トップページ | 日本メイド協会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタス特区:

« PCメール文化とケータイメール文化の衝突 | トップページ | 日本メイド協会 »