« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/26

μTRONキーボード

http://www.personal-media.co.jp/utronkb/


○JIS配列(QWERTY) はWindows XP SP2、Windows 2000 SP4、超漢字V、超漢字4で動作。
○TRON配列(DVORAK)は今のところ超漢字V、超漢字4のみ対応と。

52,500円ぐらいは別に払えるけど、職場で使ってみたいなあ。しかし、その度胸がない。

で、「μTRONキーボード用パームレスト」 9,450円 って、何よ。

シャレで注文してみようかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/04/25

モジュール化について(再掲)

http://richard-wong.cocolog-nifty.com/tron/2005/05/tron_6f1e.html
ユビキタス、TRONに出会う:ブックレビュー
に書いた内容を再掲して、ちょっと尻馬に乗ってみようかな(どこのだ)。

いや、経営書としてはいい本ですよ。コンピュータ科学的には特に新味は無いと思いますが、コンピュータ・アーキテクチャの一方針について素人にも分りやすく書いてあると思う。

デザイン・ルール モジュール化パワー/カーリス・Y・ボールドウィン+キム・B・クラーク/安藤晴彦訳/東洋経済新報社

コンピュータというアーティファクト(人工物)の複雑さを利用、制御するためのモジュール化する際のデザイン・ルール(設計方針)について色々と解説してますが、その題材に選んだのが「よりにもよって」IBMシステム360

80年代のサン・マイクロシステムズから遡った結果、フォン・ノイマンのコンピュータに関する定義(ノイマン・アーキテクチャ)に行き付き、IBMシステム360ファミリーとそのコンパチブル・マシンに辿りついたということであったんだそうです。

ハーバート・サイモン「デザインの科学(PMC)」あたりが大きな下敷きにあり、ジョン・ホランドの複雑適応系の話に乗せたという感じの経営書ですね。

モジュール化から導かれるオプションというかデリバティブといった経済的効果について考える感じは、まあもっともだと思います。
結構面白かったです。本が厚いけど。しかも後編があるそうだけど。
比較優位だ水平分業だっていうとインターナショナルなスタンダードで重工業軽工業農業で科学的な国際分業って昔誰か言っていたような気もするけど。

TRONプロジェクト自体、プロジェクト全体がモジュール化されているのは、IBMシステム360のファミリー構想や、モジュラー構造を大いに参考にしたうえのことで、この本の内容程度のことは20年以上前から当然織込み済み。

なんたって、坂村先生は武者修行の頃にIBMシステム360のチーフ・アーキテクトであったジーン・アムダールにも面会してるわけだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

日本メイド協会

何もユビキタスでない(笑)ですが、我が家ではエマ以来流行っているので。

あんまり萌え系を強調したのはパスですが、正統派ビクトリアンとかのメイドのお店とかなら行ってみたいです。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「お帰りなさいませ」 「メイド」教育行う協会設立(J-CASTニュース).

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/21

ユビキタス特区

まあ、流石にこれは直接関係ある話だろう。いくらなんでも。話がでかすぎてイマイチ現実味が無い。総務省主導というところが余計に。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/01/23/14542.html
国際競争力強化に向け「ユビキタス特区」の創設などを要望、総務省の懇談会

http://www.dempa-times.co.jp/gyousei0702.html
総務省 ICT国際競争力強化プログラムの策定・実施を


http://www.asahi.com/national/update/0420/TKY200704200224.html
ICタグ情報読み取る携帯 総務省が開発支援へ

スーパーで食品に携帯電話をかざすと産地や栄養成分、流通経路がすぐに表示される。そんなサービスが3年程度で実現しそうだ。

物流管理用に普及してきたICタグ(電子荷札)の情報を読み取れる携帯電話を世界に先駆けて開発する支援に、総務省が乗り出す。

来年度予算に数億円の研究開発費を計上して産官学共同の開発を推進。新設予定の特区で実験も進める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/17

PCメール文化とケータイメール文化の衝突

今日の日経新聞の一面記事でPCメール文化とケータイメール文化の衝突を取り上げてましたが。

少し前の話だと携帯電話・PHS及び携帯情報端末のみ(=パソコンを使わない)が22.5%だったそうですね。今はもっと増えてるんだろうな。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0605/19/news047.html
モバイルインターネット利用者がPCを初めて追い抜く――総務省

新入社員の人は、生まれたときからパソコンがあるんだから、もっとスラスラスイスイとワープロや表計算やプレゼンやデータベースやネット検索をスーダララッタと使えるもんだと思っていたが、案外そうでもないのはこういうわけなのか。

まあ、学校で特定オーエスと職業訓練アプリケーション教えれ、とは思わんけど、意外と使ってないもんなんだなあと思う。


ポケベルも3月末で廃止になっちゃったし、ケータイ電話を持ってないだけで人間扱いされない今日このごろです。
正直、こんなに普及するとは思ってなかったので、ユビキタス語る資格なしと言うことで結構です。

あの、弁当箱みたいなものがこんなに小さくなるなんて思ってなかったんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

組み込みもDual!

SuperH(TM)マルチコア・マイクロコントローラ「SH2A-DUAL」を製品化
— リアルタイム制御機器向けの高性能CPUコア「SH2A-FPU」を2個、および豊富な周辺機能を搭載した、汎用マイクロコントローラ —

既に、NECがARMの富士通がFR-Vのマルチプロセッサ版を出していますが…これで本当に、組み込みもマルチ時代?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/15

毎日新聞4/15

坂村先生が寄稿してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野動物園のUCが

上野動物園の情報端末で子供やけど…貸し出し中止と即日で各社報道されています。

とりあえず(C)安心して良さそうな事は、Note-PCや携帯みたいにバッテリが燃えたとか言う話では無くて…指紋認証センサーが損傷して発熱したらしい事、幸い火傷した子も軽い火傷で済んだ事。

また、上野動物園で使用していたUCは新型のでは無く2005年末にテストが始まっていますので・・・古い物なら製造されて2年とか推定されます。(酷使されるPDAの寿命って、最近は何年程度なのかしらん?)

何れにせよ、昨今の携帯電話やノートPCにも指紋認証センサー等が搭載される時勢に他人事と見ていれば良いって話でも無いですし、その様な危険性が運良く?顕在化した訳ですから早い内に対策を行って、ユビキタスに何処でも誰でも安心して使えるUCになって行ってくれればと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/13

モノ・マガジン 2007年4/16号 NO.559

http://www.monomaga.net/wpp/shop/ProductDetail.aspx?sku=559
[特集⑤キーボードで差をつけろ!]おざなりにされがちなキーボードの面白さを再発見。その構造からオススメの1台まで。

■μTRONキーボードと坂村健氏インタビュー (page102-103) だそうです。

本屋が開いている時間に帰れない……しくしく。
カート・ヴォネガットさんに神のお恵みを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/12

@nifty:NEWS@nifty:光で伸縮、屈曲する分子結晶=世界初、超小型部品に応用へ-九大と大阪市大(時事通信)

紫外線で伸びて可視光で縮むらしいです。記事であがっている用途が実験室用ツールに偏っているのは研究室の人のコメントがもとだから?

どこぞのアニメで光筋肉で駆動されるロボットがじきに登場するのに100ウォン(笑)

自然光の下だと伸びるのか縮むのか気になる。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:光で伸縮、屈曲する分子結晶=世界初、超小型部品に応用へ-九大と大阪市大(時事通信).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/11

トークマスターII

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/24400.html

ラジオ番組の録音、具体的には山下達郎のサンデーソングブックのエアチェック(死語)を行いたいのだが、ここに来て我が家のオーディオ機器がことごとく壊れたわけで。

ふと、新聞の広告記事を見たら、トークマスターIIというのが、ユビキタスな感じでよさげだったのだが、電気屋には売ってなくて、都会の大きな本屋にしか売っていないというのは、本屋の開いている時間に帰宅できない繁忙期の私に対する挑戦と見た。

実際どうなんだろうか。そこそこよさそうな気はするのだけど……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/10

ハートマンTRON訓練教官

どんな事を思いついたかの内容については、時間が無いので書けません。

♪超漢字Vが出ーたぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/09

海自に来て!奇抜なCFでアピール…幹部は絶句 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

う~む、見れない(;_;)

http://jda.webcustom.net/cm/index.html

リンク: 海自に来て!奇抜なCFでアピール…幹部は絶句 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

シャットダウンデー

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/20/news016.html
コンピュータなしで1日を過ごせますか
――3月24日を「シャットダウンデー」と名づけ、可能かどうかの「実験」をしてみよう、との試みが行われている。

組織替えによる社内イントラのユーザー登録更新が失敗して、「シャットダウンデー」に成りかかりそうになった。シャットダウン3hr.ぐらいにはなったけどな。お陰で死にかかるかと思ったぞ。

しかし、今時のお仕事がコンピューターに依存しすぎなのがよくわかった。こんなんで、いつでもどこでものユビキタスは大丈夫なのかしら。インフラって怖いね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/04

TRONは世界標準競争で勝てるか!?」

山口義人さん「TRONは世界標準競争で勝てるか!?」日刊工業新聞社
http://pub.nikkan.co.jp/cgi-bin/html.cgi?i=ISBN978-4-526-05823-3

セネットの偉い人ですね。ちょっと文系よりの偉い人向けに今のTRONってどうなの?って聞かれたときにこたえるためって感じの本ですね。技術寄りのことは特段ありません。

唐津一氏との対談が載ってるし、ますますそんな感じがする。
まあ良くも悪くもTRON周りの現状の認識ってこんなもんだと思うな。正直で良いんじゃないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/02

μT-Kernel

μT-Kernelの一般公開を開始
リファレンスはμTeaboard/ARM7-AT91(ARM7TMDI)とH8S/2212、ライセンス条件等もT-Kernelと異なります。
※:記事訂正、DiceはH8/SLPとなってました。

また、T-Kernelへの移行を考慮した「ベーシックプロファイル」μITRON4.0仕様の新バージョン4.03ITRON TCP/IP API 仕様 Ver.2.0がリリースされています。

2006年度リアルタイムOS利用動向アンケート調査結果の内容では、少し揺り戻しが来ている様な感じで興味深い結果となっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/01

4月1日なので

TRONWARE VOL.104
2017年4月1日発売
定価 1,260円 (本体価格 1,200円) IZBN978-4-89362-241-9
A4変型判 並製

■特集 実用段階を迎えたユビキタスID
・遍在するユビキタスID ─時空間マッピング要素技術─
・[コラム]電子的に取り込まれる世界
・[コラム]eTRONで交換される価値
・[コラム]災害救助に利用されるRFID
・[コラム]衛星経由のUC利用ガイドライン
・[コラム]食べても大丈夫なRFIDとリサイクル
・[コラム]Qucodeを体験しよう―量子暗号通信のススメ
・世界初!「DNAレベルのトレーサビリティ管理システム」の実現
・「時間」にucodeを ―ユビキタス次時空間基盤協議会の活動―

■連載 次世代ユビキタス・テクノロジー入門
・量子コンピュータによるDB検索とセキュリティの維持
・ERPと量子暗号通信を併用した広域大容量ネットワーク
・自己再生するUC
・深宇宙ネットワークで使えるデータ構造と分散制御系
・μBHメモリとは?
・高効率バイオ・キャパシタの利用

[Movement]TRONから見たユビキタス業界の動向
[Media]TRONに関する報道
BTRON Club「BTRONで楽しむ何処でもコンピュータの世界」

編集後記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »