« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

@nifty:NEWS@nifty:中国の研究チーム、ハトのリモコン化に成功(ロイター)

脳に電極埋め込んで方向の制御するんですと。

安直には軍事利用ですか。生体兵器(偵察でも特攻でも)の時代がすぐそこに!(中国だと即座に実用化しそう(--;)

いずれは人間だな(これも中国だとすぐ実用化だな(^^;)
ああ、洒落にならない。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:中国の研究チーム、ハトのリモコン化に成功(ロイター).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/27

わびきたす

http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/02/26/wabiquitous/
京都の町屋で"わびきたす"

タイトル見て突っ込みを入れようと思ったら、美崎さんだった。
この際、腹筋とか腕立てとかしたほうがいいのか。

しかし、京都の町屋もほとんど消滅しかけてるよなあ……。止むを得ないといえばそれまでだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/26

通貨通貨通貨

アルビン・トフラーのパワーシフトだったか第3の波だったかなあ。貨幣はその内便利だから全部電子になっちゃうよって話。まあ、流通してる分には貨幣なんだから貨幣なんだけど。株券も全部電子になるし。

こればっかりは、eTRONにすればバッチリってわけにもいかないわな。

http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITew000022022007
NHKで伝えきれなかったRMT問題の根深さ

http://www.thinkit.co.jp/free/article/0612/12/1/
企業通貨とは何か

http://www3.plala.or.jp/mig/whats-jp.html
地域通貨って何?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/25

電子棚札

近所の地元資本スーパーが建て替えのためしばらく閉店となった。

ということで、ものすごく久しぶりにマックスバリュに買い物に行ったら、陳列棚の値札のほとんどが液晶表示になっていた。

電子棚札というジャンルだそうだけど、年々進歩してるみたい。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/17/news090.html
メモリー性液晶で電子棚札

物流のお仕事はよく知らないけど、一瞬でPOSと連動で値札が書き換えられるというのは、きっと鬼のように便利なんだろう。POPと比べて、地味で見づらいという気もするけど、そのうちそうしたことは改善されるんだろう、きっと。

そーいえば、以前にフューチャー・ストアとか言っていたような気がするけど、こうして身近なところから地道にユビキタスになっていくのだなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/20

プロジェクト・ギートステイト番外編

ギートステイト
http://blog.japan.cnet.com/geetstate/


週刊アスキー 3/6号の「プロジェクト・ギートステイト番外編 2045年の週刊アスキーをつくる」とかをうっかり読んでいたら、清水 亮 という方が100歳越えた坂村先生と超漢字XVだなんて言い出すのでなんでだろうと思った。ああ、ニコニコ動画の人なのね。住所が東大に近いのね。

それにしても、100歳を越えた坂村先生というのは、きっとあの人やあの人が面倒を見るんだろうなあ(誰?)。

日経コンピュータも、2031年情報システムの旅 とか言ってるし。もう少し、俺が生きてそうな年代の話をして欲しいもんだ。
もう、コンピュータって面白いもんじゃなくなったのかしら。


http://shi3z.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/geetstate2045_db57.html
【GEETSTATE】「2045年の週刊アスキー」編集プロジェクトの連載がはじまります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/19

クイズ:経済学者3人にきいてみました。

http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20070219
クイズ:経済学者3人にきいてみました。

ある意味、爽快というか、えぐいというか、普通思ってもやらないよなあ。
これが、外圧の正しい使い方ってことか。なるほど外圧に勝てないわけだよ。うん。

背景の説明は省略ということで。

毒消しも一緒に置いときますね。
http://www.econ.kobe-u.ac.jp/~koba/econ/ejoke.htm
経済学「迷」言集について

この手の経済学ジョークでは、馬券予想を経済学者にやらせて大外れして、なんでそんな予想したんだって問い詰めたら「馬が球体だと仮定すると……」って解説を始めたっていうのが好きなんだけど、見つからない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/18

ユビキタス・マラソン

http://www.tokyo42195.org/index.html
東京マラソン2007
も無事に?終わったそうで。

http://www.runnet.jp/rc/rcchip/
RCチップ
とかいう無線タグで、走った時間自動計測当たり前なんだとか。

全然、知らなかったよ。もうRFIDだからユビキタスとか言ってる場合じゃないのね。
そーすると、ネタが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/15

OpenDocument 1.1がOASIS Standardへ

http://journal.mycom.co.jp/news/2007/02/15/383.html
OpenDocument 1.1がOASIS Standardへ - 世界的普及に拍車をかけるか

OpenDocument 1.1における注目点は、商用ソフトウェアベンダが自社の採用するフォーマットとして使えるように各種機能が追加された点にある。 これにより、OpenDocument 1.1は従来のOpenOffice.orgにおける標準的なフォーマットという位置づけから、広くアプリケーションにおける標準データ形式という位置づけに普及していく可能性がある。

まあ、ユビキタスTADはもっと凄いから(願望)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/12

東京ユビキタス計画・銀座

http://ascii24.com/news/i/topi/article/2007/02/09/667598-000.html
YRP/UNL、“東京ユビキタス計画・銀座”の体験会を実施

こんな感じなんですかね。都内の方、どないだ?


真面目なレポートはこちらを。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~sptnet/40323390/東京ユビキタス計画・銀座に参加して -070123 長谷川 貞夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/09

電子インクの極薄携帯端末

電子インク始まった、かな?

折り曲がるディスプレイがパカッと開く! 電子インクの極薄携帯端末が登場
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/02/08/001.html

ディスプレイ部分が丸めて折りたたまれており、本体を回転させつつ展開すると、5インチの極薄液晶ディスプレイが登場!

高速応答、高コントラスト比などを特徴とする電子インク技術により、まるで紙に印刷された情報を読むような感覚の見やすさを実現するとされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

「それでもボクはやってない」

http://www.soreboku.jp/index.html
「それでもボクはやってない」

しかし、痴漢の裁判でこれなら、殺人とかの裁判ってどうなるんだろ。
証拠写真とか見たくねえなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/05

Awesome Folding Chair - BREAK.com

いやぁ、なんかいい!>変形椅子

リンク: Awesome Folding Chair - BREAK.com.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Wiiリモコンでロボットを操作

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200702051530
Wiiリモコンでロボットを操作、工業用ロボット専門メーカーがインターフェースを開発

動画がかっこいい。動きにキレがあるね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/04

OPEN SKY2.0の感想

入場料500円ですか。

http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2006/OpenSky/index_j.html


オレンジのツナギを来たアテンダントのオネーさん方が某グライダー団体を思い出させる。不覚にも萌えた。
つか、会場で写真撮影、スケッチOKは珍しいけど、コスプレOKの表示は非常にウケた。 衣装貸し出したらいいのに。子供も多かったので超ウケるだろう。

iMacを使ったパワポ+ビデオの展示は時間配分などキレがあってよかった。 ほとんどの美術館はこの出来を見習うべきだと思った。
なお、無線を使ったオマケの音声作品解説というのが内緒であるのだが、解説の声を担当しているのが島本須美という衝撃の事実から結構立ち直れないでいる。

で、実際の所、機体は割と手堅く作ってあるなと思った。木製モノコックで一部FRPなグライダーを見慣れてるオールド世代には非常にオーソドックスに見えると思う。ミニモアがガルウィングの元ネタとして参考に出ていたのがアレだ。

失速速度を極力遅くするために、翼厚は太めに、揚力中心は出来るだけ前にしてあるように感じた。
でも滑空比18とか、フツーのグライダーぐらいの性能は狙うみたい。

無尾翼機ということで、ピッチコントロールがかなりシビアそうだった。つーか、パチンコや自動車曳航やってるビデオ見てる限りでは怖い。
設計図をオープンにして、デュシャンの 「グリーン・ボックス」じゃーん、ってなオープンソースにはしない方がよさそうだね。責任取れんわ。

最後には、ジェットエンジンをつけて、型式認定を取る気マンマンで、ダミーで?JXナンバーをつけてあった。
取れるかどうかは前途多難なような気がする。

ジェット付グライダーというと、超いにしえのイタリアのカプロニ・ジェット◎カプロニ カリフA21Sぐらいしか思いつかんが、ないことはないわけで。
しかし、FRPの機体の中にジェットエンジン仕込む訳で、熱対策どうするんだろう……。

フライトシュミレータは乗ってみたかったが、クイズに合格できなかった。

ということで、大変楽しめました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/02/01

「プロフェッショナル 仕事の流儀」


http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html
第40回 2007年2月8日 放送予定
出過ぎた杭は誰にも打てない~コンピューター研究者・石井裕~

来週は見てみようかな。最近テレビ見てねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »