« YouTube - Crazy Multi-Input Touch Screen | トップページ | Windows Vistaでの超漢字V »

2007/01/28

『トロンへGO!!タイムマシンはドラム式』

元ネタ:ホイチョイ映画のアレです。
http://www.go-bubble.com/
『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』

2007年、現代。
800兆円の借金をかかえコンピュータ・ソフトウェア輸入超過による破綻の危機に瀕した日本を救うため、情報通信省ユビキタス局TRON課の坂本は、ある計画を進めていた。それは1989年にタイムスリップし、TRONへの“スーパー301条適用”を止め、歴史を作り変えるという仰天プラン!

その極秘プロジェクトが白羽の矢を立てたのは修士論文に追われる院生真弓だった。真弓はタイムマシンの開発者であった真理子の一人娘。

一足先にタイムスリップした母親の真理子が89年の東京で失踪したことを知った真弓は、修士論文から逃れるため、そして母親を救うためドラム式洗濯機に乗り込み、タイムスリップを決行する!


……えーと、ここんところ、映画を見る機会が多くて、つい予告編とか見てしまうわけですな。すると、こんなことしか思いつかない俺。「坂村先生、若っ!」とか「トロンって、サイコー」とか予告編見てないとよくわかんない台詞のパロディとか思いついたりしますが、あえて、書かない方が吉かなあ。

映画本編は多分見ないとは思うんだけど、バブル以降の日本の変化を考えると、当時の風俗って貧相なもんだったと思いますよ、今の目で見ると。

|

« YouTube - Crazy Multi-Input Touch Screen | トップページ | Windows Vistaでの超漢字V »

コメント

http://d.hatena.ne.jp/mkusunok/20080113/btron
ITもバブルへGO!! - BTRON編

全体的にはそうなんだろうと思うが、89年あたりに1Bベースの松下のワープロがすんなり出ていたらどうなっていたのかなとか、NTTとIBMが組んで2B的なワークステーションを出せていたらどうなっていたのかなと思わなくもない。

まあ、FM-タウンズやX68000やニュートンやパームぐらいの影響ぐらいはあったのじゃないかと思いたいところだ。

投稿: halftable | 2008/02/02 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『トロンへGO!!タイムマシンはドラム式』:

« YouTube - Crazy Multi-Input Touch Screen | トップページ | Windows Vistaでの超漢字V »