« TRONSHOW2007 ユビキタス始動から滑走へ | トップページ | ユビキタス・ショーケース体験記 »

2006/12/08

超漢字V 導入上書き人柱編

ということで、超漢字Vを購入したので、早速何かやってネタにしよう。

実のところ、超漢字4が入っているが、もう色々ガタガタで廃棄寸前のVAIO505がある。Pentium200MHZで64MBで1GBのHDというはっきり言って電池が死ぬ寸前の骨董品だ。

今回は、これに最後の奉公をさせるべく超漢字Vを上書きしてみた。

ということで、無理矢理電源を入れて、CD-ROMドライブ(外付け)を何年かぶりに挿入し、白黒のCD-ROMを読ませて電源を再投入。

CD-ROMから、いつもの通り超漢字インストーラーが立ち上がるので、システムのみ上書きを例によって選択。
7,8分待っていると、例によってあっけなくインストール終了。

一通りの操作をしてみるが、支障なく動作した。フリーソフトなども、そのまま支障なく動作した。
たぶん、問題はそんなに無いんじゃないかと思う。もちろん、保証はしませんけどね。

一応、参考までにご報告。そして、さらばVAIO505。

|

« TRONSHOW2007 ユビキタス始動から滑走へ | トップページ | ユビキタス・ショーケース体験記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超漢字V 導入上書き人柱編:

« TRONSHOW2007 ユビキタス始動から滑走へ | トップページ | ユビキタス・ショーケース体験記 »