« ユビキタス大道芸 | トップページ | 事前登録 »

2006/11/05

テクノロジストの条件

エッセンシャル・ドラッカーのラストということで、読んでみた。>テクノロジストの条件

フレデリック・テイラーというと、科学的管理法というかフォーディズムの偉い人ということになって、ラインの組立工場とプログラミングは違うぜ、ってなことでハッカーさん方面からはあんまり評判が良くない気がするし、ハッカー倫理のペッカ・ヒマネンなんかもあまり肯定的な評価をしていなかったような気がする。

まあ、ドラッカー自体はそのテイラーの弟子を任じてるような感じで、テイラーの方がマルクスより偉いと比較しているあたりが、比較の対象としてどうなのかと思わなくもない。まあ、疎外ってあたりが、まだマルクス有効かなーと思ったりもするけど、知識の生産とか、プロシューマーとかパーソナル・ファブリケーションの時代が進むと、生産設備からの疎外というのも無効になるのかしらん。

でも、科学的管理法というかサイエンティフィック・マネジメント→インダストリアル・エンジニアリング→TQMの流れが、機械の時代の大量生産にのみ適応する話なのかというと、そうじゃないんじゃないか?

およそプロジェクトと名乗った場合、必然的にプロジェクト・マネジメントというものが必要になるけど、PMBOKなんかの説明を見る限り、ビタイチ科学的管理法の申し子としか思えん。「仕事そのものを計算機が実行できる程度に明確化・具体化・自動化する」というプロセスなんてのは直系の子孫としか言いようがないぞ。

映画・ラジオ・テレビ……などと同様パソコンだって普及するまで3,40年はかかってるし、他のメディアより普及伝播速度が特段速いわけじゃないし。どこがドッグイヤーなんだかラットイヤーなんだかよくわかんない。

この200年の技術の発展は、科学の進化じゃなくて、実証済み技術の整理整頓のおかげだというのは、たぶんそうかも。技術が実証されるまでにかかる時間というのは大して変わらんのだなあ。
TRONプロジェクトなんかも、そんな感じかな。

でも、トップがドラッカー萌えを公言し始めると大体その企業が左前になっていく感じがするのは何故だろう。GMを筆頭に?まゆつばまゆつば。

|

« ユビキタス大道芸 | トップページ | 事前登録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/12567305

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジストの条件:

« ユビキタス大道芸 | トップページ | 事前登録 »