« フィンランド・メソッド | トップページ | Conference@ID »

2006/11/26

大竹伸朗「全景」展

新日曜美術館で大竹伸朗「全景」展についてやってますな。

実際のところ、あのクソでかい東京都現代美術館を全て使って現役作家の個展っていうのがありえない。
村上隆が近いところまで行ってるけど、すでにプロデューサーというか個人作家という枠じゃなかったしなぁ。

とりあえず、2段がけ3段がけ当たり前って、日展かよ。例の宇和島駅のネオンも健在の模様。

大竹伸朗という人はいままでどうにも掴みどころがなかったんだけど、これだけの作品量とバラエティがあったら、そらわからんわ。

個人的には、網膜シリーズが良かった。

以前に新津美術館で個展やっていたときにドでかいターポリンに蛍光塗料を塗ったくってあったりとか、あーニューペインティングー、ヘタウマーとか思ったけど、実はデッサン超上手いし。

美術手帳、アイデア、ユリイカ、スタジオボイスと全くもって大竹伸朗の時代が急に来たのかしらん。
大竹氏がデュシャンピアンかどうかというと、「既にそこにあるもの」への方法論は知っていながらも、そーじゃねえよという血のほうが強いかな。仕事は量をこなしてナンボなのでそれでよいのだけれど。

ま、流行追うな、やりたい仕事トコトンまでしろって感じでしたが、お腹一杯過ぎてなんとかもう一度見たい。
MOTって行きづらいんだよねえ。

|

« フィンランド・メソッド | トップページ | Conference@ID »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/12837478

この記事へのトラックバック一覧です: 大竹伸朗「全景」展:

« フィンランド・メソッド | トップページ | Conference@ID »