« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/28

Conference@ID

TRONSHOWを前に少しずつリリースが出てきたみたいですね。データ記述形式はXMLってなってるけど、そこが気になるな。


ネットワーク上の情報や機器をリモコン端末で容易に操作できる会議支援システム「Conference@ID(カンファレンスエイド)」

http://ascii24.com/news/i/topi/article/2006/11/28/666137-000.html
NTTと東京大学、ucode対応の電子会議システムを発表

http://www.nikkeibp.co.jp/news/it06q4/519272/
NTTと東大、ucodeを用いたリモコン操作の会議支援システムを開発

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20331387,00.htm
NTTと東大、ucode対応リモコンでネット機器を操作する会議支援システムを開発

| | コメント (1)

2006/11/26

大竹伸朗「全景」展

新日曜美術館で大竹伸朗「全景」展についてやってますな。

実際のところ、あのクソでかい東京都現代美術館を全て使って現役作家の個展っていうのがありえない。
村上隆が近いところまで行ってるけど、すでにプロデューサーというか個人作家という枠じゃなかったしなぁ。

とりあえず、2段がけ3段がけ当たり前って、日展かよ。例の宇和島駅のネオンも健在の模様。

大竹伸朗という人はいままでどうにも掴みどころがなかったんだけど、これだけの作品量とバラエティがあったら、そらわからんわ。

個人的には、網膜シリーズが良かった。

以前に新津美術館で個展やっていたときにドでかいターポリンに蛍光塗料を塗ったくってあったりとか、あーニューペインティングー、ヘタウマーとか思ったけど、実はデッサン超上手いし。

美術手帳、アイデア、ユリイカ、スタジオボイスと全くもって大竹伸朗の時代が急に来たのかしらん。
大竹氏がデュシャンピアンかどうかというと、「既にそこにあるもの」への方法論は知っていながらも、そーじゃねえよという血のほうが強いかな。仕事は量をこなしてナンボなのでそれでよいのだけれど。

ま、流行追うな、やりたい仕事トコトンまでしろって感じでしたが、お腹一杯過ぎてなんとかもう一度見たい。
MOTって行きづらいんだよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィンランド・メソッド

マインドマップ自体は簡易KJ法というか点メモ花火法のことなんであって、別にどうでも良い。
問題になりそうなのは名前のコピーライトのことだけだろう。リッチピクチャーと言いかえてもやってることは大して変わらんし。

要するに、主題に対して知っていることと、その関連する要素事項を連想によって要領よく引き出し、要素間の関連を再認識するための手法でしかない。

まあ、KJ法もマインドマップも主題に対して関連する要素に対しての関心とか知識がなければ大して意味がないんである。

関心を持たせるのが教育ってことなんだろうか。よくわからんから寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/25

NGN

日経のその手のコンピュータ、通信系の雑誌がNGN一色だ。

そのうち、一見さん向けに最新技術のUDPとか、SIPのQoSについてとか、NGNで大儲けとか、なんだかよくわかんない記事がいっぱい出てくるだろうな。

個人的には、インテリジェント・ネットワーク再び、っつーかTCP/IPでメリケンにやられまくったOSIの復讐っていう風に見える。
NGN自体どうもISOと同じで欧州主導みたいだし、NTTがノリノリって感じだし。今後、RFIDの通信規約を決めていくってことで、トロン関係の人たちもそれなりに噛んでいるのだろう。

ただ、OSIの規格迷走の轍をまた踏んじゃうと、またどこかからちゃぶ台返しが来そうではある。
でも、それは日本からじゃなさそうな気がするのも、何となく寂しい。

しかし、SIPサーバーの能力とかチューニング不足でひかり電話があんなになってて、大丈夫なの?というのが今んとこの感想ではある。

そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/24

ホワイトカラー・エグゼンプション

バックオフィス系の事務をやってるんで、なんちゃってホワイトカラーな俺。現実的にはエクセル土方って感じかな。
労働基準法の皆工場で同じペースで働いてるよ的人月賃金計算の想定が古いといえば古いのはわからんじゃないけどね。

しかし、職務規定というかジョブ・ディスクリプションがテキトーなうえ、そんな「知識資本主義」的仕事してるホワイトカラーってどんくらいいるの?もちろん、今後ERPとCRMな感じが盛り上がってきて、ルーティン的ホワイトカラーの居場所が少なくなるのは確実だとは思うけど。


ちょうど、ハーバード・ビジネスレビューの特集が

http://www.dhbr.net/magazine/index.html
2006年12月号 特集:組織の「現代病」見えざる経営課題

体調不良がもたらす生産性の低下と損失 プレゼンティーイズムの罠

というあたり、駄目駄目感が漂う気がしてならない。
しかも、ユビキタスにいつでもどこでも頭脳労働が出来る環境が整いつつあるし。携帯電話とノンテリトリアル・オフィスみたいなのも良し悪しやね。

プログラミングのお仕事も見積もりが未だに人月で出てくるのに、「成果の測定」の指標ってどうすんのよ。
バランスト・スコアカードでKPIの設定すればオッケーっていうのは話としては分かるが、多分、測定なんか出来ないんじゃないの?

どっちかというと高橋伸夫の「虚妄の成果主義」にとっても説得力を感じる俺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/23

wizpy

こういうのいいよね。超漢字でも是非。


http://www.turbolinux.co.jp/products/wizpy/

単体ではマルチメディアプレーヤー、接続すれば自分専用のPCに1台で何役もこなす
~ 手のひらサイズのパソコン『wizpy』登場 ~

『wizpy』の主な特長として、
1.パソコンに接続して『wizpy』のOSを起動するだけで、自分専用のパソコンに変身します。
 また『wizpy』にメールや画像、音楽等いろいろなデータを保存して持ち歩くことができます。
2.動画や音楽情報を見やすく美しく表示する、1.71インチ256K色対応OLEDディスプレイ搭載。
 単体ではマルチメディアプレイヤーとして使えます。
3.中古のパソコン上でも、最新OSでの動作が可能に。
 ハードウェアの長期利用を実現し、エコモデルを追求しています。

自分専用のOSを持ち運ぶデバイスとして、まったく新しいものを提供するのではなく、すでに多くの方が利用し、馴染みのある携帯プレーヤーに内蔵させたことにより、親近感を持って、この新しい「OS、プライバシーを持ち運ぶ」というスタイルが定着するものと考えます。

さらに『wizpy』自身の保存容量の限界を補うため、新たに『wizpy』利用者に対して弊社がネット上でデータ領域を貸し出すネットディスクサービス(初年度は利用料不要)や『wizpy』ユーザー同士のIP通信やSNSなどの様々なサービスも『wizpy』を通して提供して参ります。


『wizpy』は、「いつでも、どこでも、だれでも」利用できるデジタル・ディバイトのない、快適なユビキタス社会への鍵です。ターボリナックスは、ITシステムの基盤となるOSの開発企業として、次世代のインターネット環境、パソコン環境を『wizpy』とともに推進してまいります。


【製品概要】

■ 本体寸法
84mm×42mm×12mm

■ 重量
60g (*1)
ソリッドホワイト

■ 主な機能
・パソコンとして
- Web、Mail、Officeソフトなど利用可能

・マルチメディアプレーヤーとして
- 音楽再生 (OGG、MP3、AACファイルを再生可能)
- 音声録音 (内臓マイクを利用してMP3ファイルとして録音可能)
- FMラジオ (FMラジオの聴取が可能)
- 静止画表示 (JPEGファイルを表示可能・プレビュー機能搭載)
- 動画再生 (DivXファイルを再生可能)
- テキスト表示 (テキストビューア機能搭載)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/11/22

株式会社ユビキタス・エクスチェンジ

なんかニュースで「ロボットを『人材派遣』」とかいうニュースがあったのだが、会社の名前がユビキタス・エクスチェンジ。

う~ん、ユビキタスにエクスチェンジされるのもなぁ。

人材じゃなくてロボ材だろう、とかいう話は置いといて、外国人労働者とどっちが良いのだろうかとか、どっちにしてもSFっぽい設定だのうとか思ったり。

猿の惑星でも見直してみるべきだろうかと思う今日この頃です。

リンク: 株式会社ユビキタス・エクスチェンジ.

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/11/21

ワンセグ電子辞書

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/061120-a.html
電子辞書で「ワンセグ」放送が楽しめるカラー電子辞書“Papyrus(パピルス)”

電子辞書にモバイル機器向け地上デジタルテレビ放送サービス「ワンセグ」受信チューナーを内蔵したカラー電子辞書<PW-TC900>を発売します。

電子辞書もなんとなく進化の袋小路に入っているような気がしてならない。
ブラックベリーみたいな方向に進化させられんものかねえ。

これはこれで面白いとは思うんだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

親子丼

デイリーポータルZから
http://portal.nifty.com/2006/11/17/a/index.htm

サケとイクラという魚の「親子丼」。今日食べたけど美味かったな。
ユビキタスとは関係ないけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/16

YouTube仮身

YouTube見ていて、何かに似ていると思っていたが、「開いた仮身」に似てると最近思った。
重度の依存症か何かかもしれない。

しかし、Webページという一連の文章の中で、2,3分の動画が埋め込んであるというのは、真面目なほうに使えば非常に良質なマニュアルや教科書になる可能性が高い。
なにせ、適切な文脈の中に、適切な動画、つまり文章や静止画で記述するのに適さない表現が埋め込まれてる訳なのだから。

まあ、プラグインでMPEGを仮身っぽく扱うとか、リッチなBBBとかでようつべが見れるのならそれでも良いけど。

しかし、それでは面白くないし、やっぱりマッドビデオを作るには編集環境と適切な著作権ライセンスが必要になるだろう。
BTRONの動画編集環境ねえ。やっぱ、動画の中にも仮身埋め込みで、そのままインタラクティブ・ムービーだな、って昔そんな解説をどこかで見たな。

動画TADとか、3D-TADでハードディスクレコーダーの主役はT-KernelSEがもらった、って事にはなりませんかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/13

06忘年会のお知らせ

うやむやのうちに幹事になっている忘年会ですが今年も日曜日にしました。
(遠距離の方ごめんなさい。TRONSHOW開催中に別途お食事でもいかが?)
(12月5日に会場行くことにしました(^^;)晩御飯オフ開催決定?昼御飯?

注文が出ないので適当に決定しました。
例によって前日までに参加表明の無い場合は席はありません(^^)

日時:12月10日(日)17:00~
場所:新宿(西武新宿駅前)黄金の豚 西武新宿駅前店
http://r.gnavi.co.jp/g584503/

食事:上州豚味噌鍋コース
・前菜3種盛り合わせ
・上州豚味噌鍋
・上州豚刺身盛り合わせ
・マグロと山芋の生春巻
・特製スペアリブ
・黄金の豚風温玉サラダ
・海老マヨラー
・中華ちまき
・季節のデザート
料金:6,500円(飲み放題つき)
人数:20人(前日までの連絡で増員可)

希望としては「早めにメンバー決まると良いな」(^^;)

お誘いあわせの上おいでください。交通の便はかなり良いです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

Windows Embedded CE 6.0

PS3とかVistaとか色々あるんだけど、全く着いていけてない。

http://journal.mycom.co.jp/news/2006/11/13/402.html
マイクロソフト、「Windows Embedded CE 6.0」の提供を開始

リアルタイム性を維持したまま、従来最大32だった同時実行プロセス数を最大32,000に、同32MBだった使用可能仮想メモリ領域を最大2GBまで拡大した。

もう、これで十分じゃないの?CE向けのMS-Worksとかあったら、それでも良いや俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/11

進研ゼミ超漢字V講座

http://www.benesse.co.jp/c/webmanga/index.shtml

グライダー大好き少年とユビキタス業界全般に詳しい幼馴染


受験も近くなり主人公焦る
そして幼馴染が進研ゼミ超漢字V講座を勧める

主人公文武共にオタクになる
「あ、このユビキタスID名前解決、昨日進研ゼミでやったところだ!」

東京大学大学院を受験する

合格 みたいな漫画を誰か描かないかなあ。
超漢字が受験に関係ないとかそういう突っ込みは当然スルーですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/09

秘密基地をつくろう!

http://www.necdirect.jp/himitsu/
秘密基地をつくろう! 作戦司令室セット
TYPE-N01はNEC Directだけの限定販売です。

PCに興味が向かない今日この頃です。略してPCED?
日経読んでたら、30代にむけてトミーからパソコンのカスタマイズツールが発売された。

エマージェンシーボタン紹介

「思わず押したくなる」ボタンでシャットダウンをドラマチックに! PCのシャットダウンを演出するボタンです。 外側のボタンで安全シャッターを開けると、中から「あのボタン」が…。押したら自爆、ではなく、PCのシャットダウンを行います。「休止状態」「再起動」という設定も可能です。 シャッターはある程度時間が経過すると自動的に閉まります。

そろそろ、電源オフボタンぐらいつけようよ>パソコン。シャットダウンするの面倒だよ。

#ボタンがあったら押すだろー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/07

セル・パソコン=CHRP

今日の日本経済新聞に来年の1月末にVista出荷するけんね、とMSの人がインタビューに答えていた。別にそれはどうでもいいんだけど、

一方、ソニー・東芝・米IBMが共同開発した新型CPU(中央演算処理装置)「セル」を搭載した機種をパソコンメーカーが開発するとの見方が広がっていることについて、「パソコン用ウィンドウズをセルに対応させる検討は現在はしていない」と述べた。

というのが、気になるなあ、すごく

パワーPC系の企業連合が作るパソコン・プラットフォーム……。CHRPとWorkplaceOSか……何もかもが懐かしい……。
別にそうなるって言ってる訳じゃないよ。

CHRP……、しらねえですかそうですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たった355兆円で

L1に直径2000kmのソーラシステムができるそうですな(^^)

ついでに発電とマイクロウェーブ送電設備もつければ地球上のどこでも焼き払えます(笑)<それはガンダム風味

日本の対外債権と同額で軌道エレベーターもできるそうだけど、生きてるうちに予算通るかしら。

リンク: 改めて注目浴びる奇抜なアイデア=地球温暖化防止で(時事通信) - goo ニュース.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/06

事前登録

http://www.tronshow.org/

何気に事前登録を開始してる訳だが。どーしよーかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

テクノロジストの条件

エッセンシャル・ドラッカーのラストということで、読んでみた。>テクノロジストの条件

フレデリック・テイラーというと、科学的管理法というかフォーディズムの偉い人ということになって、ラインの組立工場とプログラミングは違うぜ、ってなことでハッカーさん方面からはあんまり評判が良くない気がするし、ハッカー倫理のペッカ・ヒマネンなんかもあまり肯定的な評価をしていなかったような気がする。

まあ、ドラッカー自体はそのテイラーの弟子を任じてるような感じで、テイラーの方がマルクスより偉いと比較しているあたりが、比較の対象としてどうなのかと思わなくもない。まあ、疎外ってあたりが、まだマルクス有効かなーと思ったりもするけど、知識の生産とか、プロシューマーとかパーソナル・ファブリケーションの時代が進むと、生産設備からの疎外というのも無効になるのかしらん。

でも、科学的管理法というかサイエンティフィック・マネジメント→インダストリアル・エンジニアリング→TQMの流れが、機械の時代の大量生産にのみ適応する話なのかというと、そうじゃないんじゃないか?

およそプロジェクトと名乗った場合、必然的にプロジェクト・マネジメントというものが必要になるけど、PMBOKなんかの説明を見る限り、ビタイチ科学的管理法の申し子としか思えん。「仕事そのものを計算機が実行できる程度に明確化・具体化・自動化する」というプロセスなんてのは直系の子孫としか言いようがないぞ。

映画・ラジオ・テレビ……などと同様パソコンだって普及するまで3,40年はかかってるし、他のメディアより普及伝播速度が特段速いわけじゃないし。どこがドッグイヤーなんだかラットイヤーなんだかよくわかんない。

この200年の技術の発展は、科学の進化じゃなくて、実証済み技術の整理整頓のおかげだというのは、たぶんそうかも。技術が実証されるまでにかかる時間というのは大して変わらんのだなあ。
TRONプロジェクトなんかも、そんな感じかな。

でも、トップがドラッカー萌えを公言し始めると大体その企業が左前になっていく感じがするのは何故だろう。GMを筆頭に?まゆつばまゆつば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/03

ユビキタス大道芸

http://www.city.shizuoka.jp/deps/toshi/koshin/koutsuseisaku/jiritsu/index.html
静岡おもいやりナビ実証実験

静岡市で開催中の大道芸ワールドカップの案内とかをUCでやるみたいですね。
東京のヘブンアーティストもやってみるとか?

と き: 11月3日(祝)〜 5日(日)
内 容: 坂村 健氏(東京大学教授)による街頭説明(3日)

移動支援携帯端末機の実演、大道芸ワールドカップポイント及び周辺施設案内

次は奈良かな?

http://www.atmarkit.co.jp/frfid/rensai/today/today02/today01.html
“場所”をIDで識別する「ユニバーサル社会」とは

http://www.pref.nara.jp/doroi/jiritsu/
奈良自律移動支援プロジェクト実証実験

あるいは和歌山県か?

http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/080300/ubikitasu/
「世界遺産熊野古道ナビプロジェクト」

かなり、日本中ユビキタス?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/02

GoogleがJotspotを買収!

http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20061102/jotspot
GoogleがJotspotを買収!

うーん、次世代BTRONってこんな感じだと思っていたんだが、意外と早く実現する?
まあ、データ構造の整合が取れてないとあっけなく消えるような気もするし。
どうなんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワースト13

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0611/01/news115.html
ITで最も恐ろしいこと――ワースト13

こんなのを見ると、世界中どこでもそう大して変わりは無いんだなあと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予想外だ

まあなんかやらかしてくれると思っていたのでそれほどでもないですけど。
(先週のチャットで聞いた)

まあ予想外割自体も発表の翌日?には色々な罠(^O^;)の解説がネットに氾濫してたけど。

そろそろ隠居した方がいいかもね。

リンク: これでは「信用ゼロ」となりかねない・ソフトバンク、手痛い誤算【コラム】�モバイル-最新ニュース:IT-PLUS.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/01

外字の表示および印刷方式に関する特許

ふーん。
http://www.axissoft.co.jp/press/061101/index.html
アクシスソフト、電子帳票における外字の表示および印刷方式に関する特許を取得

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »