« DEATH TRON NOTE | トップページ | TRON王子 »

2006/09/11

"電脳建築家"、坂村健氏がユビキタス時代の建築を語る

ネタがないのでサイトの紹介でも。

"電脳建築家"、坂村健氏がユビキタス時代の建築を語る

前フリ:まあ、建設会社でアルバイトしてたっていうし、元々建築方面もオタクみたいだし。じゃなきゃ仕事にかこつけて磯崎新とわざわざ対談しないわなあ。
“電脳建築家”の坂村健先生は、建築家としてもスゴイ!
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/ubiq_ken/093322.html

【第1回】コンピュータを積極的に建築に導入する意味
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/monthly/093700.html

【第2回】建築デザイナーとしての坂村健氏の仕事
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/monthly/093701.html

【第3回】構造計算書の偽装問題をどう考えるか
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/monthly/094839.html

【第4回】ユビキタス時代の建築家はどうあるべきか
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/monthly/096923.html

フランク・ゲーリーみたいな人が実際いるからなあ。3D-CADはどこまで進化するんだろう。
意匠と構造計算は別の人がやるのは大分当たり前になってるような気はするけど。


おまけ;

http://blogs.itmedia.co.jp/pina/2005/11/post_8b60.html
SI業界は建設業界に似ているというのは本当か?

受託開発における建設業との比較

<建設業界から見た異質なこと>

(1)労働単価が曖昧
PG、SEの経費込む単一単価をベンダー毎に示すのみ
建設業は基準労務単価があり、積算の元になる。

(2)積算基準がない
歩掛かりや標準積算の考えがない
積算基準も持っていない

(3)出来高管理をしていない
下請企業に対して完成払いが標準
出来高管理型の労務管理や外注管理をしていない

(4)工期遵守意識が希薄
工期の遅れ=ペナルティの意識がない
(C) 2005 TAISEI Corporation

|

« DEATH TRON NOTE | トップページ | TRON王子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "電脳建築家"、坂村健氏がユビキタス時代の建築を語る:

« DEATH TRON NOTE | トップページ | TRON王子 »