« TowerRecord | トップページ | 太陽 »

2006/08/29

時をかける少女

ということで、ネタ切れ企画その1 細田版時をかける少女

まーた、角川商法か、正月に続いて懲りずに時かけか。
というには豪華な裏方のラインナップと地味~な公開劇場数。
アレか。また、関東ローカル深夜DVD商法か。アート系映画でもないのに単館公開かと、ヘラルドだけに。

その割に評判がいいのでつい見に行ってしまったミーハーな私ですが、何か。

んー、ナイスな佳作ですね。でも、ナウシカと同じで女の人の感想は結構悪いんじゃないかなーとふと思わなくも無いが俺は女じゃないからいいもん。

メインの劇伴であるバッハのゴールトベルグ変奏曲の同じところをグルグル回る感じが、エッシャーの絵のようで、ゲーデルでホフスタッターでGEBな感じ(意味不明)を静かに盛り上げてます。

前作の続編というらしい設定で、修復士オバさんの原田知世(<違)にいきなり転ぶ。

単純で割り切った色彩設計というのもあるだろうが、これだけ動くのに作画の質が落ちないのが珍しいと思った。
なんと作画に元東映で天使のたまご、な名倉さんまで入ってるし。ナツカシー。

つーことで、ジブリとガイナックスと初期押井と東映プログラムピクチャーの良いところが適当にミックスしていて爽やかでよろしい。

ただ、最初から設定に無理があるせいか、中盤以降いまいちのめり込めない脚本になっているのよね、俺的には。冒険者たち、みたいな三角関係かと思ったのにナシかよとか。未来人そこでアレしたら駄目だろとか。

東京近郊のゴミゴミした背景を肯定的に描写するという、ここ何年かの宿題みたいなのは、うまく解決できていたように思う。背景へのCGのさりげない使い方もこなれてて上手いですね。

とりあえず、モンティパイソンのデジャヴュ・スケッチを見てるような気がしたのは内緒だ。
Let's do The Time Warp Again!

|

« TowerRecord | トップページ | 太陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68399/11670768

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

» 時をかける少女 [酒乱!net]
「時をかける少女」を見に行ってきた。都内では単館上映なのでテアトル新宿へ。 14 [続きを読む]

受信: 2006/09/09 11:50

« TowerRecord | トップページ | 太陽 »