« えふとろんを見るべき10の理由 | トップページ | 偏在と遍在 »

2006/05/09

フリー割り箸・自由な割り箸


中国産割りばし、対日輸出2008年にも停止
http://www.yasuma.com/blog/archives/2006/04/post_43.html

半年ぐらい前から日経周りではチマチマ言っていた中国産割箸の値上げ云々ですが、90%のシェアを取ったらあとは思うがままヤリタイ放題ってのもどっかのOSみたいな話ではある。

ガセネタ説もあるので、どこまでホントかは知りませんけどね。

10何年前はそれでも国産と輸入が半々ぐらいだったとかいう話だったような気がしたんだけどねえ。
それも、どこかのアプリケーションソフトの話みたいである。


値段が上がるんなら、広告付き割り箸でもいいんじゃないかねえ。国産間伐材利用だし。
http://www.zenmori.org/kanbatsu/report2/4-1.html

国産が不利だというのもどこかのOSみたいな話ではある。

とかのんきな事考えていたら、

http://blog.goo.ne.jp/2005morikoro/e/f0f8e457958f67151d7ef1e8b3f21ad0
中国製の国産割り箸

今や吉野杉の背板(丸太から角材を取った残りの弓形の残材。高級割り箸の素材となる)をコンテナに詰めて中国に輸出し、向こうで最新鋭機械によって割り箸づくりにしているのだそうだ。

ってんじゃ、話がややこしいぞ。割り箸もオフショアリングってことか?


マイ箸?華麗にスルーの方向で。割り箸がキレイに割れたらいいことがあります。

http://blog.goo.ne.jp/2005morikoro/e/5bd360d9c075cf7844b8b66e714985d4
木材会社の倉庫

丸太や製材にICタグを付けることで、一瞬にして在庫管理を終わらせるというシステム

ってのもあるのね、高級木材のほうは。えふとろんぽいのはコッチの話かな。どっちかというと。

|

« えふとろんを見るべき10の理由 | トップページ | 偏在と遍在 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フリー割り箸・自由な割り箸:

« えふとろんを見るべき10の理由 | トップページ | 偏在と遍在 »